みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

おうちジンギスカンで楽しむ週末おうちライフ

f:id:sapic:20200426214816j:plain

 お題「#おうち時間

 

週末のお楽しみといえばやっぱり美味しいご飯!

 

我が家の今日の夕食は北海道民のソウルフードともいえるジンギスカンにしました。

 

いつもは生ラムがメインですが、今日は2種類のジンギスカン!

 

イワタニのカセットコンロ用焼肉プレートでジュージューと焼きながらいただきます。

 

blog.sapico.net

今回はトラディショナルジンギスカンも

 

f:id:sapic:20200426214756j:plain

 

ちょっとわかりにくい写真で申し訳ないのですが、上の写真のお肉は丸い形のトラディショナルジンギスカンなのです。

 

トラディショナルジンギスカンはもともと丸い形のお肉というわけではなく丸い筒状に成形されています。

 

トラディショナルジンギスカン?

 

これが正式名称かどうかは道民の私でもわからないのですが、少なくともサッポロビール園でジンギスカンといえば生ラムとこの丸い形のトラディショナルジンギスカンの2タイプがあります。

 

もともとジンギスカンといえばあらかじめタレにつけてある味付けタイプ以外昔はみんなこの丸いタイプのものでした。

 

さぴこが子供の頃、ジンギスカンを買いにお肉屋さんにいくとその場で丸い筒状のお肉を好みの厚さにスライスしてくれたのです。

 

しかも昔は子羊のラムよりもマトンを使ったものが多かったですね。

 

今はジンギスカンをお店に食べに行くとほとんどがラム肉なので、昔よりはずいぶん食べやすくなっている気がします。

 

f:id:sapic:20200426214804j:plain

 

こちらが生ラム。

 

写真はちょっとわかりにくいのですが、こちらは成形されずにそのままカットされています。

 

ジンギスカンといえば我が家ではいつもこの生ラムを食べることがほとんどなのですが、たまにトラディショナルタイプのジンギスカンも無性に食べたくなってしまうのですよ。

 

 

 

塩ホルモンとレバーも一緒に

 

f:id:sapic:20200426214826j:plain

 

主役はジンギスカンですが、一緒にレバーと塩ホルモンも焼いて食べました。

 

同じお肉屋さんで購入したものですが、味付けが絶妙でこれがまた美味しい!

 

おうちで焼肉屋さん気分を満喫です。

 

野菜は新玉ねぎにもやしにピーマンと今日はシンプルなものにまとめましたが、今の新玉ねぎは甘くてジンギスカンと一緒に食べると最高に美味しいですね。

 

天気のいい日は庭でジンギスカンを食べたい

 

f:id:sapic:20200426214744j:plain

 

今日の札幌はお天気がどんよりしていて気分もなんだかどんよりしそうだったのですが、おうちジンギスカンでなんとなく楽しい気分になれました。

 

本当ならそろそろ外でジンギスカンを楽しみたくなる季節なのですが今年はなかなか厳しい状況。

 

なのでゴールデンウイーク中にお天気の日があったら庭で家族だけでジンギスカンを楽しみたいなと思っています。

 

あとは外で炙りやを使っておうち焼き鳥とか!

 

blog.sapico.net

 

炙りやで焼く焼き鳥はとっても美味しいのですが家の中だとどうしてもその後しばらくは焼き鳥屋さんの香りが漂い続けてしまうので、できればお外でやりたいのですよ。

 

いろいろ考えていたらおうちライフもちょっと楽しみになってきたかも!

 

おわりに

 

今回はカセットコンロのイワタニといえばこのたこ焼きプレートもおうち時間を楽しむには最適です。

 

blog.sapico.net

 

カセットコンロがあればこのプレートを購入するだけでかなり本格的なたこ焼きを楽しめますよ。

 

おうち時間を豊かにしてくれるイワタニのカセットコンロ、最高です!

 

それでは!!