みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

ラミーチョコアイスを食べました

 

今年もラミーとバッカスの季節がやってきました。

 

blog.sapico.net

 

スーパーでラミーとバッカスが並んでいるのを見ると、ああ、冬が来るんだなって思います。

 

そんなラミーとバッカスですが、今回はなんと!あのラミーがアイスになっていたので、早速試してみました。

 

ラミーチョコアイス

 

 

こちらがラミーチョコアイス。

 

お値段はチョコレートのラミーよりもちょっとお高めでした。

 

 

ラミーですからもちろん洋酒は使われているアイスです。

 

 

アルコール分は0.7%ですのでチョコレートのラミーよりかなり低いですね。

 

 

エネルギーは224キロカロリー。

 

アイス1つ分と考えるとどうなんでしょう。

 

他のものよりも飛び抜けてカロリーが高いわけでも低いわけでもないです。

 

 

この文章を見ているだけで期待が膨らみます。

 

 

 

ラミーチョコアイス、オープン

 

 

早速袋からアイスを取り出してみました。

 

この色とこのロゴを見るだけで、もうあのラミーの風味が口のなかに広がってきそう。

 

 

当たり前ですけど上の生チョコ部分しか見えないですね。

 

では早速スプーンですくってみることにします。

 

 

生チョコ部分とチョコアイス、見事に二層になっています。

 

ラミーチョコアイス、実食

 

 

というわけで早速食べてみたのですが、レーズンが予想していたよりもいっぱい入っている感じがしました。

 

生チョコ部分はトロリというよりはシャリっとしていたのが意外でしたけど。

 

もしかしたら上の部分だけ一度溶けて凍ったものだった可能性もありますね。

 

生チョコの下のチョコアイスの部分はかなり普通のチョコアイスの味でした。

 

ラミーチョコアイス、もう少し洋酒の味がするのかなと思っていましたが、生チョコ部分に入っているという洋酒はほとんど感じなかったのがちょっとだけ残念だったかも。

 

チョコレートのラミーのあの洋酒感を期待するとちょっと物足りなくなってしまうので、あのガッツリとして洋酒感を味わうならこのチョコアイスの上からラム酒を少し垂らして食べると良いかもしれません。

 

でもチョコアイスとしてはとっても美味しかったので、ちょっと大人のチョコアイスとして十分楽しめました。

 

おわりに

 

そういえば今年は他にどんなフレーバーの洋酒チョコレートが販売されるのでしょう。

 

blog.sapico.net

blog.sapico.net

blog.sapico.net

 

昨シーズン食べたものはどれもとっても美味しかったので、今年も期待しちゃいます。

 

でも一番どれが食べたい?と聞かれたらやっぱりバッカスを選んじゃうかな。

 

それでは!!