みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

読売KODOMO新聞は大人が読んでも面白いです

 

我が家では今年の6月から読売KODOMO新聞を購読しています。

 

きっかけは北大祭。

 

blog.sapico.net

 

北大祭で読売KODOMO新聞の見本誌をいただいたのですが、読んでみるとこれがまた面白い!

 

子供も続けて読みたいと言うのですぐに購読を開始しました。

 

毎週木曜日は読売KODOMO新聞

 

 

読売KODOMO新聞は週に1度、木曜日に発行されます。

 

一部160円で月額だと550円なので、月に1冊雑誌を購入すると思えばそれほど高くはありませんね。

 

しかもこの読売KODOMO新聞の特別協力は小学館。

 

なんだか「小学◯年生」のような雰囲気の紙面構成がなんだか懐かしい感じなのです。

 

コナンやねこねこ日本史も

 

 

新聞といっても小学生を想定しているので、コナンなど小学館でおなじみのキャラクターが出てきます。

 

学習にも使えるようなコンテンツもたくさん!

 

 

こちらはうちの子供が大好きなねこねこ日本史!

 

blog.sapico.net

 

特集記事以外でも4コマ漫画も掲載されています。

 

多分子供が購読したいと言ったのはこのねこねこ日本史が動機になったんじゃないかしら。

 

 

 

ファッション情報にクッキングも

 

 

小学校高学年女子には気になるコンテンツはなんといっても「おしゃれ」。

 

同じようなコーナー、昔の学習誌にもあったよなぁなんて懐かしく思いながら見てしまいます。

 

今だとちゃおが小学生女子の情報をたくさん載せてくれてはいますけど、こういう切り口はあまりないかも。

 

そのほか女の子が気になるこんな情報もあります。

 

 

クッキングのコーナー。

 

かなり本格的なお菓子の作り方が掲載されています。

 

英単語にサイエンス、英会話も

 

 

こちらは毎号掲載される英単語。

 

毎号ポケモンのキャラクターと一緒に英単語が書かれていて、切り取ってノートに貼ると自分だけのポケモン英単語帳ができるというものです。

 

今の所読売KODOMO新聞にはハサミを入れずに全て取ってあるのですけど、処分する前には切り取って保存してもいいかもね、と子供と話しています。

 

 

サイエンス、今号はあのねるねるねるね!

 

blog.sapico.net

 

ねるねるねるねの仕組みを子供でも詳しく知ることができる記事に目が釘付けでした。

 

そしてこのページにはねこねこ日本史の4コマ漫画も!

 

そのほかに使える英語のコーナーもあります。

 

 

スマホから動画を見ることができるので、発音も聞くことができるのです。

 

なかなか見所がいっぱいの読売KODOMO新聞。

 

これが毎週届いてひと月550円ですから、お得な気がしますよ。

 

おわりに

 

 

今回の巻末記事はあげパンでした。

 

大人が読んでも面白い記事がいっぱいで、ついついさぴこも読みふけってしまいます。

 

時事問題を子供でも理解しやすく書いてあるのもポイントが高いです。

 

広告は中学受験を対象として塾が多く、実際に入試問題なども掲載されることもあるので中学受験対策として購読されている方も多いのかもしれません。

 

そういえば読売KODOMO新聞の見本をいただいた北大祭の時に一緒に読売中高生新聞の見本もいただいたのですが、さぴことしては読売KODOMO新聞の方が大人が読んでも面白いなって思いました。

 

ちなみに読売KODOMO新聞のコンテンツの一部は下記のサイトからも見ることができます。

 

www.yomiuri.co.jp

 

気になった方はチェックしてみてくださいね。

 

それでは!!