みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

ひのでそばが好き

f:id:sapic:20211003215104j:plain

 

さぴこにはもう30年以上利用しているお蕎麦屋さんがあります。

 

それがここ、ひのでそば。

 

立ち食いそばなんです。

 

ひのでそば50周年

 

札幌市営地下鉄南北線の大通駅すぐにある日の出ビルの地下に、さぴこが生まれた年に誕生したお店。

 

札幌市民で地下鉄大通駅を利用する人なら誰もが知っていると思います。

 

改札から出るとそばつゆの香りがして吸い寄せられるようにひのでそばに向かってしまい、いつのまにかそばを注文してしまいます。

 

もうひのでそばも50歳なんですね。

 

ひのでそば50周年おめでとうございます。

 

かけそば290円

 

f:id:sapic:20211003215125j:plain

 

かけそば290円がさぴこのいつものメニュー。

 

先払いするとお水をくれて、いつもおなじみのお姉さま方が手際よくお蕎麦を作ってくれます。

 

混んでいなければ1分かからずにでてくるところがまた嬉しい。

 

f:id:sapic:20211003215119j:plain

 

これですよ、これ。

 

台が空いていなければ手で持って近くで食べることもありますが、最近は子供がひのでそばの味に目覚めてしまったので、台があくのを待って食べることが多くなりました。

 

ちなみに子供はそば大盛りで食べるんですよ…。

 

私は普通盛なのに。

 

大盛りは100円増しなのですが、お蕎麦がかなりのボリュームになるというのにぺろっと食べてしまうのです。

 

若いってすごい。

 

おわりに

 

ひのでそばを一番利用していたのは20代の頃でした。

 

大学生の頃もよく利用していましたが、当時は今と比べて女性の利用は少なかったように思います。

 

立ち食いそばのいいところはあっという間に食べられるというところ。

 

30代以降は利用頻度はかなり減っていて子供が大きくなるまではほとんど利用することがなかったのですが、子供が一度食べてみたいといって一緒に食べにいったらすっかり気に入ってしまい、最近ちょこちょこ食べに行くことが多くなっています。

 

大通公園周辺といえばいつもは大通ビッセのカフェできのとやのケーキだったのですが、最近ではケーキよりかけそばがいいかもと言い出したくらい。

 

ひのでそばをよく利用していた20代の頃、子供と一緒に食べに来ることになるとはまったく予想もしていませんでしたよ。

 

最近札幌駅から大通にかけて古いビルがどんどん壊されて新しくなっています。

 

ひのでそばの入っている日の出ビルもかなり老朽化してきているということを考えるとちょっと心配ですが、できればずっとこのかけそばを食べることができますように。

 

それでは!!