みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

白い恋人パークのスタディベースカカオポットが楽しい

f:id:sapic:20210814221551j:plain

 

昨日に引き続き白い恋人パークのお話です。

 

白い恋人パークは今年の7月1日から入場料が変更になりました。

 

f:id:sapic:20210814221819j:plain

 

一般の大人が800円、中学生以下の子供が400円に!!

 

以前は有料施設内でもそれぞれ料金がかかっていたのが一切なくなったのです。

 

しかも札幌市民は更にお得になり、大人は500円、子供は300円です。

 

ちなみに以前はプレミアうファクトリーコースという名前の工場見学とチョコトピアハウスという今はアフリカ横断ウォークフライトが行われている場所の見学で大人1500円子供1200円でした。

 

そしてもう一つ、テイスティングコースと言う名前の今日ご紹介するスタディベースカカオポットと工場見学のコースは大人1600円子供1300円だったのです。

 

その他子供のための遊び場のガリバータウンは大人も子供も600円という価格だったのですが、それが全部まとめて上の写真のお値段になったのですからびっくり!!

 

というわけで昨日はテイスティングができるスタディベースカカオポットへ行ってきたのでした。

 

スタディベースカカオポット

 

f:id:sapic:20210814222503j:plain

 

実はちょうど1年前にもこのテイスティングをしています。

 

blog.sapico.net

 

当時はまだお値段が高くてそう気軽に参加できないなと思っていたのですが、今回はお手頃価格になっていたので再挑戦!

 

高カカオチョコレート2種類のテイスティングとカカオニブのテイスティングが楽しいのです。

 

f:id:sapic:20210814222511j:plain

 

こちらがカカオニブ。

 

テイスティングのお部屋は撮影ができないので、こちらはテイスティング後に余ったものを持ち帰ってきたものを撮影しました。

 

カカオニブにはお砂糖もミルクも加えられていないので苦いのですけど、クセになる美味しさでポリポリとあとをひきます。

 

昨年との違いといえば入場料の他だとテイスティング中のお水がペットボトルから紙コップでの提供に変わっていたことでしょうか。

 

あと1回の参加人数が昨年の更に半分になっていました。

 

スタディベースカカオポットはお早めに

 

いろいろなところを見学できる白い恋人パークですが、スタディベースカカオポットはかなりの人気なのと参加人数が絞られているために、午前中でも2時間後くらいじゃないと予約が取れません。

 

遅い時間になると予約がいっぱいになってしまうので、参加を予定しているかたはできる限り午前中に、白い恋人パークについたらまずはスタディベースカカオポットの予約をしてからパーク内を回ったほうがいいと思います。

 

パーク内にあるレストランのあんとるぽーで美味しいカレーを食べたり、バラ園の周りを回ったりしていると待ち時間はあっという間に過ぎていきますよ。

 

パークについたらまずカカオポットの予約を!

 

おわりに

 

我が家の夏休みの恒例行事だった東京ディズニーリゾートへは今年も結局いけませんでした。

 

テーマパークが恋しくなってしまって、子供と白い恋人パークへ来る回数が増えているような気がします。

 

札幌市内から出ていない日々がずーーーっと続いていて、一体いつまで続くのだろうかと考えるとちょっと暗い気分になってしまいそうなのですが、白い恋人パークに来るとなんとなく楽しくなれるのが嬉しいです。

 

カレーを食べに行くついでにレジャーを楽しめる白い恋人パーク。

 

次は秋のハロウィーンに行こうかなと思っていますが、その頃にはもう少し世の中が落ち着いていますように…。

 

それでは!!