みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

ツルツル路面で自転車に乗るのはやめてほしい!札幌は本格的にツルツルテカテカ道路の日々です

 

この時期の札幌特有のツルツル路面の季節がやってきました。

 

先日も同じようなブラックアイスバーンの記事を更新しています。

 

blog.sapico.net

 

日中はプラス気温になり溶けた水分が夜に凍結してそのまま薄くてツルツルした氷になってしまうという、この恐怖のツルツル路面。

 

しかも朝はツルツルの氷の上が薄く溶けかかって、これまた滑りやすい!

 

スタットレスタイヤでも低速走行でも滑る時は滑るというこの時期、本当に外出したくなくなってしまいます。

 

こんな日に自転車は乗らないでほしい

 

自動車でも滑るのを覚悟して運転するような状況の路面だというのに、普通の自転車に乗っている方がまだいるのです。

 

何が怖いってそのそばを車で通らなければならない時。

 

いつ滑って転ぶかもしれないと本当にヒヤヒヤしてしまいます。

 

今日の朝なんて自転車をおして歩いている人ですら滑って転んでいたようなツルツル路面ですからね。

 

何か事情はあったのかもしれませんが、少なくとも札幌市内で一般の自転車を安全に乗ることはしばらくできないと思いますので、ぜひ来シーズンまでは保管してもらいたいものです。

 

ツルツル路面で自転車が滑って転んだところ、見たことありますか?

 

さぴこが小道を車で運転していた時、20M以上先にいた自転車が転んだのですが、歩道側から車道までつる〜っと滑ってましたからね。

 

もちろん車と接触するようなことはなかったのですが、こちらもツルツル路面で泊まれなかったと思うと本当にヒヤッとしました。

 

なので本当に自転車は勘弁してもらいたいのです。

 

 

 

スパイクタイヤが懐かしい

 

一般的に雪が降ると路面も歩道も氷の状態よりは滑りにくくなりますが、札幌市内の交差点は慢性的にツルツルになっていることが多いです。

 

かなり昔は冬タイヤのほとんどがスパイクタイヤでしたので、交差点もある程度タイヤで削られてここまでツルツルになることはありませんでした。

 

その分道路脇の雪はいつも粉塵で黒くなっていましたけど。

 

安全度で考えるとスパイクタイヤなのでしょうけれど、粉塵による大気汚染問題もありましたから仕方がありません。

 

雪道だとスタットレスタイヤの方が走行しやすい気がしますが、ツルツルテカテカになってしまった路面ではやはり物理的にピンで引っ掻くスパイクタイヤとは比べものにならないですよね。

 

さぴこが車を運転するようになってからはすでにスパイクタイヤは販売されていなかったので、こんなツルツル路面の日にはちょっとだけスパイクタイヤの車を運転してみたいなって思ってしまいます。

 

ツルツル路面の歩行は体幹トレーニングになるかも

 

こんなツルツル路面の日には外に出たくなくなりますが、そんな時に限っていつも外に出る予定がたくさんあるのが恨めしい。

 

特に今週は外出の予定が色々とあるのですが、ツルツル路面の上を歩く機会も多くなるわけです。

 

いくら滑りにくい靴を履いているとはいえ、引っ掛かる場所が何もない氷の上を歩くのはやはりバランスをとって歩かなければいけません。

 

今日も歩きながら思ったのですが、これってかなりの体幹トレーニングになりそう!

 

リングフィットアドベンチャーの体幹トレーニングの成果をこの冬発揮できるかもしれません。

 

おわりに

 

長いこと札幌に住んでいて、季節的に一番辛いのがこの時期だったりします。

 

だんだん昼間が短くなってきて、ツルツル路面の日が多くなり、これから本格的な冬がやってくるという悲壮感が漂うこの時期。

 

これがまた12月下旬になるとなんとなくクリスマスや年末年始で気分が変わってくるのですけどね。

 

昨年は根雪になるのがかなり遅かったので毎年こうだったらいいなぁと思っていたのですけど、そううまくはいかないみたいです。

 

ツルツル路面との戦い、まだ先は長い…。

 

話は変わりますが、昨日の記事のその後をご報告します。

 

blog.sapico.net

 

歯の痛みは徐々に薄れてきていますが、スッキリと完全に治るのはまだまだ先になりそうな感じですね。

 

今日は痛み止めを飲まなくても大丈夫ではありましたけど、まだ怖くて噛めないので噛まなくても良い食事ばかりをしています。

 

いつになったら普段通りの生活ができるようになるかなあ。

 

ツルツル路面といい歯の痛みといい、どちらもまだまだ先は長いと思うとちょっとだけブルーになってしまうさぴこなのでした。

 

それでは!!