みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

今日の札幌の路面はブラックアイスバーン!凍結路面には気をつけましょう

 

今日も寒い一日となった札幌。

 

こんな日は外に出たくないなと思うのですが、そういうときに限って用事がたくさんあったりします。

 

今日も吹雪の中買い物に行ったり、暗くなってから車を運転しなきゃいけない用事がいくつかあったり。

 

日中は雪が降っていたのでそれほどでもなかった路面が、夕方にはすごいことになっていました。

 

ツルツルの道路ではスタッドレスタイヤでも厳しい

 

夕方に外に出るとアスファルトが黒く光っています。

 

一瞬濡れているだけなのか凍っているのかわかりませんでしたけど、さすがに気温が0度くらいでしたので凍っているようでした。

 

さぴこの車はすでに冬タイヤへ交換済みですが、この冬シーズンの始まりというのは車を運転するものにとってはかなり緊張するタイミングでもあります。

 

夏と冬とでは制動距離が全く違うので、夏と同じ感覚で運転すると間違いなく事故を起こしてしまうのです。

 

念のため制動距離についてご説明しますが、制動距離とはブレーキを踏みこんでから車が停止するまでに走行した距離のこと。

 

ツルツル路面ではその制動距離が長いのでブレーキを踏むタイミングも違いますし、スピードが出ているともちろん制動距離は長くなります。

 

多分初めて冬のツルツル路面を運転される方は、スタットレスなのになんでこんなに滑るの?と思われるかもしれませんね。

 

 

 

運転があやしい車も

 

こんなツルツル路面にもかかわらず、無謀な運転をしている人も多いです。

 

なので自分がどれだけ気をつけていても避けられない事態も想定しておかなければなりません。

 

見るからに運転があやしい車が近くにいる場合はできるだけ車間をとって近寄らないとか、対向車側の車があやしい場合は若干歩道寄りを運転するとか、できるかぎりの予測運転をするので、いつもより運転していても疲れてしまいます。

 

ごくまれにまだ冬タイヤに変えていないような人もいるので、運転していると本当にドキドキしますよ。

 

特にシーズンはじめのこういう路面状況で子供を乗せているときは一番緊張します。

 

滑るのは車だけじゃない

 

このツルツル路面、滑るのは車だけじゃありません。

 

歩道もツルツルなので転ばないように歩くのも大変なんです。

 

 

blog.sapico.net

 

さぴこは今年もハッシュパピーのフミダスソールの靴。

 

ハッシュパピーのフミダスソールは本当に滑りにくいソールです。

 

[ハッシュパピー] カジュアル L-2712 TO (トウプ/24)

[ハッシュパピー] カジュアル L-2712 TO (トウプ/24)

 

 

上のリンク先のAmazonで販売されているものはフミダスソールのものではないのですが、ハッシュパピーのショップに行く同じデザインでソールがフミダスソールのものが販売されています。

 

短い靴は脱いだり履いたりするのが便利なんですよね。

 

さらにもう一足、これを購入しようか悩んでいます。

 

 

こちらもフミダスソールの靴なんです。

 

色々滑りにくい靴を試してみましたけど結局はハッシュパピーの靴になってしまう…。

 

もしかしたらさぴこの歩き方にあっている靴なのかもしれません。

 

おわりに

 

今日は本当にツルツルでしたけど、明日もまだツルツル路面は続きそう。

 

こんな路面が続くとちょっとうんざりしちゃいます。

 

根雪になるのは嫌だけどツルツル路面よりは雪がほどほどに積もっている路面の方が好きなさぴこなのでした。

 

それでは!!