みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

ラ・ジェント・ホテル東京ベイはコスパ最高のホテル!子連れディズニーリゾート旅行におすすめです

 

先月家族でいったディズニーリゾート旅行、このブログでいろいろ書こうと思っていたことはあったのですけれどもそのまま月日は流れてしまいました。

 

これ以上記憶が薄れる前にちょこちょこご紹介したいと思います。

 

今日は今回の旅行で2泊した「ラジェント・ジェント・ホテル東京ベイ」レポートをお届けしますね。

 

ラ・ジェント・ホテル東京ベイのパンフレットより

 

 

ホテルの外観や設備などの写真を撮るのをすっかり忘れてしまったので、その辺の写真はホテルのパンフレットからご紹介してみます。

 

 

まずこちらがホテルの外観。

 

写真の赤いバスがラ・ジェント・ホテル東京ベイのシャトルバスです。

 

このシャトルバスは無料で東京ディズニーランド、ディズニーシー、JR舞浜駅を循環しているのでとても便利。

 

 

ホテルのエントランスには子供の遊具があり、到着後夜遅くだったにもかかわらず子供たちが遊んでいました。

 

エントランスに隣接したフリースペースのラウンジには無料のドリンクバーがあり、午後2時から午前1時まではジュースやコーヒー、お茶等が無料で自由に楽しめるのがとってもうれしかったです。

 

 

 

ファミリー和室は小さい子でも安心

 

 

ラ・ジェント・ホテル東京ベイにはたくさんの客室があるのですが、今回はその中で最大3名が宿泊できるお部屋だったファミリー和室を選択しました。

 

うちの子はもう小学生ですからあまり関係はないのですけれど、このファミリー和室は段差もなく、ベッドのように高さもないので小さな子供が一緒の場合は特に安心して宿泊できるお部屋だと思います。

 

 

お部屋自体は広くはないのでこんな感じでベッドマッドとお布団が横に隙間なく並んでいるので、寝相が悪い子がいても安心かも。

 

 

上の写真の向かって右側にトイレやお風呂のドア、洋服を掛けるスペース、冷蔵庫やポットなどが並んでいます。

 

 

洗面スペースとトイレスペースに扉はありません。

 

ちょっと広く感じますね。

 

そしてこの洗面スペースの向かい側がお風呂です。

 

 

浴槽と洗い場がわかれています。

 

 

おけ、そして子供にはうれしい椅子も!

 

 

お湯をためてのんびり入浴するとパークでの疲れも吹き飛びます。

 

 

 

朝食なしでも朝はお弁当付き

 

 

このラ・ジェント・ホテル東京ベイ、レストラン等の飲食施設はないので朝食付きプランというのはないのですが、朝はお弁当がいただけるのです。

 

しかも紙パックのドリンク付き!

 

お弁当はラウンジで朝の時間に配布されます。

 

ちなみに朝時間のラウンジはフリードリンクサービスはなくお弁当の配布のみ。

 

まあ飲み物はお弁当と一緒にいただけるのでフリードリンクの必要はないですね。

 

朝のお弁当は小さなお子様用のお弁当も合わせて数種類あるのですが、子供はカツサンド、さぴこはお弁当を選びました。

 

 

ホテルでしか食べられないお弁当です。

 

 

男性にはちょっとボリュームが足りないかもしれませんが、パークの中でいろいろ食べ歩きたいという方にはぴったり!

 

ディズニーリゾート旅行の際はどこのホテルに宿泊しても、朝食付きプランにすると朝食会場が戦場のように激混みでパークに行くのが遅くなってしまうことが多いのですが、お弁当ならサッと食べてパークへ向かえるのもいいですね。

 

このおかげで今回は朝の時間をかなり有効に使うことができました。

 

ラ・ジェント・ホテル東京ベイに隣接したコンビニはローソン

 

ラ・ジェント・ホテル東京ベイの駐車場横にはローソンがあり、24時間営業なのでいつでもお買い物OKです。

 

品数はかなり豊富で、足りないものはほとんどここでなんでもそろうんじゃないかと思うほど。

 

ホテルの客室内にはなにも入っていない冷蔵庫がありますから、コンビニで購入してホテルのお部屋の冷蔵庫に入れておけるのがとっても便利です。

 

ここのローソン、お野菜や果物なんかも販売されていて、ホテル滞在者向けだけの品揃えには思えませんでしたよ。

 

そのほかにもいろいろ便利な設備あり

 

そのほかにも便利だなと思った設備をご紹介してみますね。

 

  • 加湿機能付き空気清浄機
  • 雨の日に嬉しいシューズドライヤー
  • 子供の専用アメニティ
  • Wi-Fi完備
  • ディズニーリゾートまでの無料シャトルバス
  • コインランドリー

 

オフィシャルホテルにはない便利さもたくさんあったホテルでした。

 

ホテルからディズニーリゾート間の無料シャトルバス

 

ホテルから東京ディズニーランド、ディズニーシーへは無料シャトルバスがあり、乗車時間は20分から30分ほどかかります。

 

開園前と閉園後のシャトルバスはかなり混み合っていましたけど乗れないということもなく便利に利用できました。

 

ただ乗り場に標識等があるわけではないので、事前に乗車場所をホテルの公式サイトでチェックしておくことをおすすめします。

 

特に現在東京ディズニーランドでは送迎バス専用乗降場付近の工事を行っているため、場所が変更になる可能性がありますので注意が必要ですよ。

 

さぴこ達が利用した日は送迎バス専用乗降場付近にランド駐車場の係の方がいて、ラジェントホテルのシャトルバスはあちらですとアナウンスしていました。

 

閉園後は暗くなっているので少々注意が必要です。

 

おわりに

 

今回ご紹介したラ・ジェント・ホテル東京ベイの系列ホテルである「ホテル・ラ・ジェント・プラザ 函館北斗」に宿泊したのは今年の3月でした。

 

blog.sapico.net

 

こちらのホテルも非常にリーズナブルでしたけれども、今回のラ・ジェント・ホテル東京ベイは7月下旬のハイシーズンで1室3名使用で2泊しても合計4万円を切りました。

 

なんと1人1泊6600円ほど!

 

ファミリー和室でなければもう少しお安い部屋もありましたから、最安値の部屋ならかなりお得だと思います。

 

ちなみに冬の閑散期等は非常に安く1人1泊3000円台で宿泊できるケースも!

 

冬だったら4泊くらいしてもいいかもしれません。

 

これまでずっとサンルートプラザ東京にばかり宿泊してきましたが、ディズニーシーに行くなら無料シャトルバスのあるラ・ジェント・ホテル東京ベイの方が便利に感じました。

 

我が家は来年もラ・ジェント・ホテル東京ベイに宿泊しようと計画中だったりします。

 

ディズニーリゾート旅行の場合ホテルは寝るだけなので、狭くても全く問題なし!という方はぜひ検討されてみてはいかがでしょうかね。

 

それでは!!