みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

リラックマのレンジでゆたぽんを購入!湯たんぽは電子レンジでチンするだけのゆたぽんがおすすめ

 

寒い冬の日はポカポカなお布団で寝たいですよね。

 

というわけで先日布団乾燥機を購入してからはほぼ毎日のようにホカホカお布団で寝ていましたが、最近は家族で布団乾燥機が取り合いになってしまい、さぴこが独り占めできる状態ではなくなりました。

 

ちなみに購入した布団乾燥機はこちらです。

 

blog.sapico.net

 

本気で布団乾燥機をもう一台買おうかしらと思ったほどだったのですが、とりあえず数分でも乾燥機をかけられれば布団に入った瞬間の冷やっと感はないのですが、足元はすぐに冷えてしまうのが残念だったのです。

 

そこで布団乾燥機を購入する前のこの時期に使っていた『レンジでゆたぽん』を今年は新しく購入することにしました。

 

近所のツルハで見つけて購入したのはこちら!

 

リラックマのふわふわカバー付きゆたぽん

 

 

白元アースさんから発売されている、かわいいリラックマの洗えるふわふわカバー付きのレンジでゆたぽんです。

 

 

さぴこが購入したツルハでは普通のゆたぽんと同じ753円でした。

 

ちなみにAmazonでの今日現在の価格は普通のゆたぽんはツルハよりお安い624円です。

 

白元アース レンジでゆたぽん

白元アース レンジでゆたぽん

 

 

お店で同じお値段で並んでいたら絶対リラックマの方を購入しちゃいますよね!

 

 

パッケージも可愛いです!

 

レンジでゆたぽんリラックマカバー付1個

レンジでゆたぽんリラックマカバー付1個

 

 

Amazonでは倍近いお値段で販売されていますので、どうしてもリラックマのものが欲しいという方はまずご近所のドラッグストアーで探してみたほうが良いかもしれません。

 

レンジでゆたぽんって?

 

 

『レンジでゆたぽん』はかなり昔から販売されていますのでご存知の方がほとんどかとは思いますが、ご存知ない方へ簡単に紹介してみようと思います。

 

レンジでゆたぽんは名前の通り電子レンジでチンするだけで絶妙な温度のあたたかさとなり、そのあたたかさはお布団の中で約7時間ほど持続しますから、寝る前にレンジでチンしてお布団に入れておくと朝までポカポカの状態が続くというもの!

 

お湯を入れる湯たんぽはケースが硬いですが、このレンジでゆたぽんはジェルが柔らかくてこれまたとっても気持ちがいいのです。

 

レンジで温める時間はワット数によって異なります。

 

 

レンジでゆたぽんを寒い場所で保管していたりするともう少しあたため時間がかかることもあるので、あたたかさが足りなければ少しづつ追加加熱するとよいですね。

 

気になる電気代も1回1円ちょっとですから毎日使用しても気になるほどでもないのが嬉しい!

 

コードがついているわけではないので好きなところで使えるというメリットもあります。

 

 

 

レンジでゆたぽんを開封!

 

 

それでは今回購入したリラックマのレンジでゆたぽんを開封してみます。

 

 

入っているのはレンジでゆたぽん本体とカバーの2点。

 

 

こちらがリラックマのふわふわカバー。

 

さっそくこのカバーをビニール袋から取り出してみます。

 

 

かわいい!!

 

リラックマの顔のカバーです。

 

さっそく中にレンジでゆたぽんを入れてみることにします。

 

 

ちょっとお顔に立体感がでたような。

 

 

ちなみにこのふわふわカバー、こんな感じでとっても手触りが良いです。

 

 

口の周りの白い部分は素材が違うので、残念ながらふかふかしていません。

 

 

本体を入れる場所はこんな感じですが、めくれてもカバーが出てくるのでジェルに触れることはまずないでしょう。

 

お湯を入れる湯たんぽよりも経済的!

 

この電子レンジをつかうゆたぽんはお湯をいれる湯たんぽよりもかなり経済的です。

 

というのもお湯を沸かすのって結構時間がかかりますし、お湯ですから水も毎回必要ですよね。

 

給湯器が一般的でなかったその昔は翌朝湯たんぽで使ったぬるい水で顔をあらったりしていたそうですが、今はわざわざ湯たんぽの使用後のお湯を使うという方も少ないでしょうし、そう考えるとレンジでゆたぽんは無駄もありません。

 

お湯を沸かすガスまたは電気代と水道代を考えれば、毎回1回1円ちょっとで使えるレンジでゆたぽんはかなり経済的!

 

電気あんかもよさそうだなと思ったのですが、コードレスタイプは蓄熱させるのに時間がかかり、コード付きのものは安価ですがコードが邪魔なのですよね。

 

というわけでお手軽で経済的なゆたぽん一択!

 

ちなみに布団乾燥機でしっかりあたためたお布団にレンジでゆたぽんをいれてみたところ、朝方までゆたぽんがしっかりあたたかいままでした。

 

おわりに

 

若い頃は足があつく感じることもあったのですが、年を取るごとに足先の冷えが気になるようになりました。

 

お布団で足元がぽかぽかしているとそれだけでもとっても快適ですから、ゆたぽんは冬のお布団にはおすすめの一品です。

 

さぴこが一番気に入っているのは布団乾燥機で15分あたためたお布団にゆたぽんを入れて寝る、というもの。

 

布団全体を布団乾燥機で時間をかけてほっかほかにしなくても、レンジでゆたぽんがあれば足元のポカポカ度が高いのでかなり快適です。

 

睡眠時の冷えが気になる方には本当にオススメです。

 

ちなみにこのゆたぽん、Lサイズもありますよ。

 

白元アース レンジでゆたぽん Lサイズ

白元アース レンジでゆたぽん Lサイズ

 

 

大きさ2倍でAmazonでのお値段が794円でしたので、価格的にはこちらが一番お得なのかもしれません。

 

今の所さぴこは普通のゆたぽんのサイズでも満足ですが、Lサイズなら両足をしっかりあたためられるのかも!

 

さて、そろそろゆたぽんをレンジに入れて寝る準備をすることにします。

 

それでは!!