みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

金魚が水槽から飛び出してびっくりした話

金魚-長く、楽しく飼うための本 (池田書店 もっとわかる動物のことシリーズ)

 

我が家には子供がお祭りですくってきた金魚が2匹います。

 

どちらもとても大きくなっていて、体長は10センチを超えていますよ。

 

今使っているものは40センチの水槽。

 

スリムタイプではないので水量は結構入るのですが、大きくなった金魚が2匹ということもあって水槽の上部は4センチくらいあくくらいまで水を入れていました。

 

一応蓋はしているのですが、蓋の一部は解放されているところがあります。

 

その解放されている部分が原因であるトラブルが発生したのでした。

 

水槽近くですごい音が

 

夕食の支度をしていた頃のこと。

 

我が家の水槽はリビングの出窓に置いているので、夕方にはカーテンを閉めてしまいます。

 

今日も暗くなってからはカーテンをしていました。

 

さあ、夕食の仕上げをしようと思っていたらカーテンの奥からすごい音が!!!

 

バチンバチンというか、何かを叩いているような大音響。

 

子供と二人、一体何が起こっているのかわからず恐怖を感じたほど。

 

とりあえず料理の手を止め、カーテンを開けてみましたが何も変わったところはありません。

 

ん?

 

水槽の中の金魚が1匹しかいないっ。

 

もしかしてとあたりを見ると水槽の外で1匹の金魚が横たわっているではないですか。

 

えーーーーーーっ。

 

しかも全く動いていません

 

びっくりして金魚の網ですくって水槽に急いで戻してみたら何事もなかったように泳ぎ始めました。

 

ああ…。

 

よかった…。

 

とりあえず今の所は問題なさそうですけど、しばらくは様子を見てあげないといけません。

 

動かない金魚を見て子供は泣きそうになっているし、本当にびっくりしちゃいましたよ。

 

 

 

金魚が隙間から蓋の上に飛び乗った?

 

かなり大きくなっている金魚だったのですが、蓋は隙間というにはちょっと大きめの穴が空いていましたので、おそらくはそこから蓋の上に乗っかってしまったのだと思います。

 

そしてその蓋の上でおそらくバタバタしている時に蓋が大音響を鳴らしていたのでしょう。

 

そして多分蓋から落ちたのだと思います。

 

水槽の高さは30センチ。

 

見つけた時には全く動いていなかったので、水槽から落ちた時に脳震盪でも起こしていたのかもしれません。

 

ああ、もうダメかなと思いましたがとりあえず普通に泳ぎ始めて本当に良かったです。

 

次は深めの水槽が欲しい

 

金魚ってどのくらいまで大きくなるんでしょうね。

 

今日飛び出したのは後からきたのに1年でどんどん大きくなっていて、前からいた金魚の大きさを追い越してしまいました。

 

今まで病気知らずで、前からいた金魚のえさをとって独り占めして食べている大食漢です。

 

その大きな身体で跳ねるとビシャッとすごい音がするんですよ。

 

次は60センチ水槽かなとも思っていたのですが、水槽を大きくすると金魚も大きくなるというのでちょっと悩み中。

 

なのでちょっと深さのある45センチの水槽にしようかなと思っています。

 

金魚も懐くと可愛い

 

金魚ってエサをくれる人がわかるんですよね。

 

水槽の金魚と目があうとエサをちょうだいと激しく泳ぎ出すので、あまり目を合わさないようにしています。

 

水槽の清掃や水換えの際も危害を与えないということを理解しているのか、手を入れると突っついてきたりしますよ。

 

これまで長く一緒にいたペットといえば犬なのですが、金魚も長く一緒にいるとなでたりお出かけしたりはできなくても同じように大切な存在になるのだなと再確認。

 

とりあえず今の所は2匹とも何事もなかったかのように水槽でじっと眠っているようなので、本当によかった!

 

おわりに

 

昔、お祭りから連れてきたばかりの金魚が翌日の朝見たらバケツの外に飛び出て動かなくなっていたことがありましたけど、まさか蓋がついた水槽で金魚が飛び出るとは思ってもいませんでした。

 

応急処置として隙間の部分にはすくい網を置いておきましたけど、今回のようなことが夜寝ている時や留守中に起こったらと思うとゾッとします。

 

早急に何か対策を考えなくては…。

 

それにしても今日は金魚は予想以上にジャンプする生き物だということを再確認。

 

そして10センチを超えて丸々とした金魚がバタバタする力の強さを思い知りました。

 

あまりにもその出来事のインパクトが強すぎて、今日は他の内容のブログは書けないなと思ったほどの衝撃でしたから。

 

さて、後で新しい水槽をネットで探さないと。

 

それでは!!