みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

六花亭の夏見舞が美味しい

f:id:sapic:20210725220511j:plain

 

夏のお菓子はいろいろありますが、さぴこのお気に入りの夏のお菓子はこちら。

 

六花亭の夏見舞というお菓子です。

 

最近ずっと平年よりも暑い日が続いている北海道ですが、暑い日に食べるとスッキリします。

 

夏見舞

 

f:id:sapic:20210725215722j:plain

 

夏見舞は梅果汁を寒天で硬めて水分を飛ばしたようなお菓子です。

 

琥珀糖といって見た目がとってもきれいなお菓子ということもあり、SNS等でよく見かけるようになったので手作りを楽しんでいるかたも多いかもしれません。

 

www.nissin-sugar.co.jp

 

こちらにも作り方が詳しくのっています。

 

子供と一緒に作っても楽しそう!

 

さて、夏見舞の話に戻りますが、六花亭の夏見舞は現在2種類の味の詰め合わせになっています。

 

以前は薄い色のタイプ1種類でしたが、気がついたら2種類になっていました。

 

f:id:sapic:20210725220538j:plain

 

おそらくなのですが薄い色のほうは梅シロップで、濃い色のほうは梅ジャムにブランデーなどが入っているのではないかと思います。

 

f:id:sapic:20210725220546j:plain

 

1袋60グラム入りで、エネルギー量は176キロカロリー。

 

おやつとしていただくには丁度いいくらいですね。

 

宝石のような夏見舞

 

f:id:sapic:20210725220554j:plain

 

こちらが夏見舞。

 

キラキラしていてとってもきれい。

 

程よく水分が抜けていて、表面はすりガラスのようでシャリッとしているのがわかります。

 

f:id:sapic:20210725220602j:plain

 

この夏見舞、ゼリーとは違う寒天の食感がくせになる一品なのです。

 

美味しいとパクパク食べているとあっという間になくなってしまうのですが、今の時期は六花亭の店頭に並んでいるので見かけるとついついカゴに入れてしまいます。

 

ちょっとしたお土産にも喜ばれる一品ですよ!

 

おわりに

 

それにしても最近の札幌は夜になってもそれほど涼しいと感じることがないくらい暑い日が続いています。

 

真夏でも夜になると肌寒くなることが多かったのですが、最近は家の中は日中にあたためられた断熱材が部屋の中をあたためつづけてくれていて、最近はエアコンをつけていないと室温が26度以下になることはありません。

 

来月の東京オリンピックのマラソン、本当に大丈夫かなとちょっと心配。

 

札幌の場合は8月に入ると急に気温が下がることもあるので、マラソンの日はそれほど暑くならないといいなと思います。

 

最近は我慢せずにエアコンを稼働中の我が家ですが、外との温度差で身体のほうがちょっとついていけてない感じがあります。

 

そんなときは今日ご紹介したような美味しいお菓子で元気をチャージしたいと思うさぴこなのでした。

 

それでは!!