みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

生梅飴にハマっています

f:id:sapic:20210805204413j:plain

 

毎日言っていますが、札幌は本当に暑い日が続いています。

 

夏は暑くて冬は寒かったらそれはそれでなんだかなーという感じだなと最近思うようになりました。

 

それくらい暑い日が続いていて、気がついたらアイスとかジュースとか冷たいものばかりを口にするようになっています。

 

あとは酸っぱいもの!

 

暑い日には酸っぱいものを身体が欲するのかもしれません。

 

そこで最近ハマっているものがあります。

 

それはこちら。

 

生梅飴

 

f:id:sapic:20210805204422j:plain

 

梅の飴、生梅飴です。

 

 

発売されて36周年のロングセラー飴なのでご存知のかたは多いことでしょう。

 

紀州産の南高梅を使用していて、梅の中心部に入っているペーストには梅肉が50%も配合されています。

 

f:id:sapic:20210805204431j:plain

 

1つあたりのカロリーは23キロカロリー。

 

1つなら気にするほどではないのですが、この飴、美味しすぎてついついもう一つと食べたくなってしまうという恐ろしい品なのです。

 

f:id:sapic:20210805204440j:plain

 

私のかばんの中に常備されている生梅飴。

 

f:id:sapic:20210805204447j:plain

 

この白く透明な部分の飴はちょっと甘めでほのかに梅の味がしてとっても美味しい!

 

そして飴が小さくなってくると中から出てくる生梅のペースト、これがもう、梅!なんですよね。

 

この飴の恐ろしいところはこの飴の部分とペーストの部分のハーモニーの中毒性の高さでしょう。

 

飴一粒のカロリーはそれほどでなくても毎日のように複数食べているとそれはそれは恐ろしいことになってしまいそうなのに、生梅飴が美味しすぎてやめられないのです。

 

ああ、実は今すでにもう3つ目が口の中に…。

 

おわりに

 

生梅飴は製造元の株式会社リボンさんのページでも特別でした。

 

namaumeame.com

 

生梅飴は最近つねに買い置きをしていますが、残り少なくなると不安になるほどハマっています。

 

梅の飴といえば昔はロッテの小梅も好きでしたが、最近近所のお店では見かけないのですよね。

 

 

梅味のものはクエン酸のおかげなのかなんとなく元気になれそう。

 

暑い日はもうしばらく続きそうな札幌、冷たいものや酸っぱいものを楽しみながら夏バテしないようにしたいと思います!

 

それでは!!