みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

子供の足の裏に魚の目のようなイボができました

 

先日から子供が足に豆ができて痛いと言っていたのですが、治ったのかどうかを聞いたらまだだというのでどんな豆なのかをみてみたら、まるでウオノメのような状態になっていました。

 

これは豆じゃないよ…。

 

おそらくは足底疣贅(そくていゆうぜい)

 

皮膚科へ行って診察してもらわなければはっきりとはわかりませんがおそらくはこれだと思います。

 

足底疣贅(そくていゆうぜい)とは、ヒトパピローマウイルス感染によって足底にできたイボである。ミルメシアとも。足底疣贅の色は通常、肌と同様の色をしている。小さい黒い点が皮膚の表面にできることもある。 1箇所に1つ以上できることもある。圧力を加えると痛みを伴うことがあるため、歩行が困難になる場合もある 

足底疣贅 - Wikipedia

 

イボ、ですか。

 

昔子供が水いぼで何度も皮膚科通いをして大変だったことを思い出します。

 

また、イボを取るために何度も通わなければならないのでしょうかね。

 

水いぼの時も痛みが強くて取るのが大変だったので、今回もそうなるんじゃないかと心配です。

 

 

 

歩くと痛いイボ

 

水いぼの時は取る時以外は全く痛みがなかったようですが、今回のこの足の裏にできたイボは歩くと痛いのだそう。

 

これまたかわいそうです。

 

なんとか早く治してあげたいですが、木曜日の午後って休診のところも多いので、病院へ行くのは週末になりそう。

 

しかも評判のよい皮膚科ってどこもいつでも激混みなんですよね。

 

治療には時間がかかりそう

 

水いぼの時も完治するのに結構時間がかかりました。

 

今回はおそらくこれだろうと思われる足底疣贅について調べてみると、みなさんかなり治療には長期間苦労されているようです。

 

何年治療しても治らないから患部を電気メスで切り取ってもらったという方もいるようですが、子供にそれはちょっと…。

 

民間療法もいろいろとあるようですが、まずは診断をしてもらわないことには始まりませんよね。

 

少しでも早くなおりますように。

 

おわりに

 

子供が大きくなってからは病院に連れていく回数が激減しましたが、小さい頃は夏になるといろんな病気をもらってきて何度も何度も病院通いをしていました。

 

今は2ヶ月に1度喘息とアトピー性皮膚炎の定期健診があるくらいなので、通院の大変さを忘れかけていましたよ。

 

皮膚科、どうしてあんなにいつも混んでいるのかな…。

 

子供だから小児科でも診てもらえるのでしょうかね。

 

とりあえず明日病院を探してみることにします。

 

それでは!!