みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

よつ葉バターミルクヨーグルトはなめらかでとっても美味しいヨーグルトです

f:id:sapic:20210109201340j:plain

 

北海道ではよくテレビCMが放映されていてずっと気になっていたよつ葉のバターミルクヨーグルト。

 

近くのお店では取り扱いがなくてなかなか試せずにいましたが、先日たまたまお店で見つけて購入できました。

 

よつ葉のバターミルクをつかった製品といえばこんなものもあります。

 

 

よつ葉のバターミルクパンケーキミックスです。

 

こちらも購入したのですがまだ使っていないためお味はわからないのですが、多分美味しいだろうなととっても楽しみ!

 

今回はバターミルクヨーグルトを食べることができましたのでそちらをご紹介します。

 

よつ葉北海道バターミルクヨーグルト

 

f:id:sapic:20210109201426j:plain

 

とろ〜りミルキーと書かれたこのヨーグルト。

 

名前の通りバターミルクが使われています。

 

f:id:sapic:20210109201433j:plain

 

側面にバターミルクの説明もありました。

 

バターミルクとは…

バターをつくるときにできる、ミルキーでほのかに甘みのあるやさしい味わいの乳素材です。

 

最初はスキムミルクのようなものかなと思ったのですが製法に違いがあるようで、スキムミルクは生乳から脂肪分を取り除いたもの、そしてバターミルクはバターのもととなっている生クリームからできているようですね。

 

詳しく知りたい、と思われた方はよつ葉のサイトで詳細が書かれていますのでこちらをどうぞ。

 

“脱脂粉乳(スキムミルク)”“全粉乳”“バターミルクパウダー”の製造方法や、製菓、製パンに使用した際の違いは何ですか? | 北海道のおいしさを、まっすぐ。よつ葉

 

北海道のおいしさを、まっすぐ。

 

f:id:sapic:20210109201441j:plain

 

ヨーグルトの側面には「北海道のおいしさを、まっすぐ。」の文字が見えます。

 

ちなみにエネルギーは1個あたり90キロカロリー。

 

おやつとしていただくには丁度いいですね。

 

f:id:sapic:20210109201448j:plain

 

よつ葉の製品なのにどうして購入できなかったのか、この表記でわかったような気がします。

 

なんとこちらは千葉の東京工場で作られていたのでした。

 

まあ原材料のほとんどは北海道産なのですけれども。

 

もしかしたら札幌市内で購入するよりも関東圏の方が入手しやすかったりするのかもしれませんね。

 

とろ〜りした食感がたまらない

 

f:id:sapic:20210109201455j:plain

 

最近のちょっと高価なヨーグルトといえば水分量の少ないタイプが多いかと思うのですが、こちらのヨーグルトは他のヨーグルトとはかなり違います。

 

f:id:sapic:20210109201503j:plain

 

この写真で伝わるかわかりませんが、本当にとろ〜り、もっちりしたヨーグルトなんです。

 

かなりなめらかで、水分もたっぷり含んでいるようなのにスプーンですくったあとはこんな風に角ができます。

 

f:id:sapic:20210109201510j:plain

 

このとろとろ感はカマンベールチーズの中心部のとろとろ感に似ています。

 

そして風味はとってもミルキー!

 

といってもクリームの脂肪分のようなしつこさがなくて本当に美味しいヨーグルトなんです。

 

これはヨーグルトコーナーよりもデザートコーナーにおいたほうがいいくらい!

 

酸味はかなり少ないので一般的なヨーグルトとはまったく違うものになっています。

 

デザートとしていただくヨーグルトとしてはかなり理想的です。

 

でもなかなか売っていないのですよね…。

 

また見つけたら買っちゃいますよ、これは。

 

おわりに

 

北海道ではかなりCMが放送されていたのにも関わらずどこに売っているかわからなくて購入できずにいました。

 

こちらのヨーグルトは地域限定等ではなく全国発売のようですので、北海道外にお住まいの方も入手が可能だと思います。

 

よつ葉のオンラインショップでも飲むヨーグルトはあるのですがこのヨーグルトは取り扱いがないので、お店で出会う以外に購入する方法がないのが残念。

 

もしお近くで見つけたら一度お試しくださいませ!!

 

それでは!!