みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

どこにも行けない子供の夏休みは大量の宿題で終わりそうです

大盛り! 夏休みドリル 小学5年生 改訂版

 

子供の夏休みが始まりました。

 

そして夏休みの始まりとともに感染者が激増しはじめた札幌。

 

近日中にまん防がおかえりなさいということで、また札幌市内の施設は休館するとのこと。

 

ただし図書館や夏休み中に子供が利用する動物園や青少年科学館などは人数を制限しつつも開館するようです。

 

中学生初の夏休みは大量の宿題

 

今年中学生になった子供にとっては中学校では初めての夏休みです。

 

同じ小学校だった友達や中学校でできた友達それぞれと遊ぶ約束をたくさんしていて忙しそうではありますが、それ以上に忙しそうなのは大量の宿題…。

 

そう、かなりの量の宿題なのです。

 

公立中学校でも同じくらいでるのか、それとも私立の中高一貫校だからなのかわかりませんけど、小学校の頃とは全く比べ物にならないくらいの宿題が各教科で出ているので、夏休みだからといって遊んでばかりもいられないというより遊べるの?これという感じ。

 

たしかに中高一貫校って個別指導意外の塾の一般的な夏期講習は進度が違いすぎて参加できないのですが、夏期講習に出ている暇はないんじゃないかという量でした。

 

当たり前なのかもしれませんが夏休みでも毎日決められた時間数の勉強は必須、ということなんですね。

 

チャレンジの中高一貫講座も受講中なのですが、これと学校の宿題だけで終わりそう。

 

夏休みの予定はなし

 

今年は夏休みの予定が一切ありません。

 

あ、「今年も」ですね。

 

小学校最後の夏休みも中学校最初の夏休みも、なーんにもなし。

 

宿題がはかどっていい、という考え方もできるかもしれませんけど、やっぱり子供達が不憫です。

 

子供の頃の夏休みって大人の夏休みとは違いますから。

 

その年齢でしか経験できない夏休みってあるじゃないですか。

 

まあ、今できることで楽しめることを見つけてもらうしかありませんけど。

 

おわりに

 

それにしても今どきの中学生ってこんなに宿題がでるものなんですかね。

 

数学と英語は進むのがかなり早いみたいで、その分宿題も多いのかもしれませんけど。

 

休み中も友達とZOOMで一緒に宿題をすると言っているのを聞くと、今どきの中学生だなって思っちゃいます。

 

少しでも楽しい夏休みになりますように。

 

それでは!!