みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

タイガーの圧力IH炊飯ジャー炊きたてのJPC-A101WHを購入しました

 

先日、約14年間使用していた炊飯器が故障したという記事を書きました。

 

blog.sapico.net

 

そして我が家の新しい炊飯器がやっとやってきたのでご報告します。

 

タイガーの炊飯器

 

 

これまで使用していたのは三菱電機の炊飯器でしたので、14年も使用できたことを考えてまた三菱電機のものにしようかと思ったのですが、さぴこの希望するスペックと価格帯でちょうどいいものに出会えず、今回は断念。

 

そして選んだのがタイガーの炊飯器でした。

 

 

このタイガーのマーク、なんだか可愛い!

 

タイガーの炊飯器とひとことで言ってもいろんな種類があって購入に至るまではいろいろと悩みましたが、さぴこの希望していた条件を満たすものを消去法で選んだらこれが良いかな、ということに。

 

さぴこの希望としては、

 

  • 4人家族なので5.5合炊き
  • 予算はで3万円以内、できたら2万5千円くらいまでで型落ち品可
  • 炊飯器の内釜保証が長いもので厚釜使用のもの
  • これまではIHだったので圧力IHも試してみたい

 

というものでしたが、これを満たしていたのがタイガーの「圧力IH炊飯ジャー炊きたてJPC-A101WH」だったのです。

 

圧力IH炊飯ジャー炊きたて JPC-A101 

 

 

こちらが届いた炊飯器です。

 

説明書をちらっと見ましたが、今までの炊飯器よりもちょっと複雑そう。

 

 

取扱説明書の下にはこれからお世話になる炊飯器の姿がうっすらと見えます。

 

 

購入したのは白い炊飯器なのですが、付属していたしゃもじは黒だったのでちょっとびっくりしました。

 

でも使いやすそうです。

 

麦飯用軽量カップもついていました。

 

 

麦飯1割と3割とのことですが使い方がよくわからないので、あとで詳しく説明書を見てみなければ。

 

炊飯器登場!

 

 

上から見るとホワイトというよりはシルバーの色合いです。

 

 

内蓋は黒いのですよ。

 

まるでパンダみたい。

 

 

内釜の中には計量カップと注意事項を記載した紙が入っていました。

 

計量カップの形状が縦長でなんだか新しい感じ。

 

タイガーの計量カップってみんな縦長なのでしょうか。

 

熱流&熱封 土鍋コーティング

 

 

今回の内釜は「熱流&熱封 土鍋コーティング」です。

 

 

9層遠赤特厚釜とのこと。

 

でも思ったより内釜自体は重たくなくて、予想よりは軽かったです。

 

 

 

コンパクトな炊飯器

 

 

これまで8.5合炊きだったので、5.5合炊きだとかなり小さく感じます。

 

しかも内釜がざらっとしていてまるで土鍋のよう。

 

 

今時の炊飯器の内釜には持ち手もついているんですね。

 

内釜には持ち手があるのに炊飯器には持ち手がないなーと思っていたら本体の下にありました。

 

 

まあ炊飯器にハンドル型の持ち手がついていてもほとんど使用しませんからね。

 

 

上蓋は赤いつまみを押し上げてから取る形状になっていました。

 

見やすい液晶画面

 

 

コンセントに電源を差し込んだらこの明るさ!

 

しかも時計は設定もしていないのに現在時刻になっていてびっくりです。

 

それにしても炊飯モードがいっぱい!

 

 

早炊きだと28分。

 

 

極うまだと60分。

 

 

通常の白米モードは47分でした。

 

 

調理というボタンを選ぶと120分と表示されました。

 

煮物等に使うといいのかしら。

 

麦めしモードに「もち麦」も

 

 

今回このタイガーの圧力IH炊飯器JPC-A101WHを購入したいと思った機能の一つがこの「麦めし」の「もち麦」モード。

 

もち麦に最適なご飯が炊けるらしいのでとても気になっていました。

 

早くもち麦モードで炊飯してみたいです。

 

おわりに

 

新しい相棒として活躍を期待しているタイガーの炊飯ジャー炊きたて。

 

 

それにしても炊飯器を選ぶのにいろいろ調べていたら、どのサイトに行っても広告が炊飯器になっていました…。

 

炊飯器ってお高いものだと10万円オーバーのものもあったり、お安いものだと1万円未満のものもあったりと、選ぶのがとっても難しいなあと実感。

 

お高い方が魅力的な機能やレビューが多いのですけど予算もありますし、以前高いお米を安い炊飯器で炊くのと安いお米を高い炊飯器で炊くのとどっちがお得かと考えたこともありますけど結局結論もでず。

 

blog.sapico.net

 

我が家はとっても美味しくなった北海道米ばかり食べていますけど、今年に入ってからお気に入りだった「ゆめぴりか」が昨年の不作のために姿を消してしまったので、今は「ななつぼし」を食べています。

 

北海道米、美味しさとお値段で考えるととってもコストパフォーマンスがいいですよ!

 

というわけでそこそこ美味しいお米を食べているのだからそこそこの炊飯器が欲しい、ということで選んだのがタイガーの圧力IH炊飯ジャー炊きたてのJPC-A101WHだったというわけです。

 

 

アマゾンでも25000円くらいで販売されているみたいですが、発売されたのは2017年6月ともうすぐ2年も経過するというこのモデルは発売当時6万円以上で販売されていたものらしいです。

 

炊飯器は最新のものでなくても十分という方ならおすすめできるかも!

 

今後、実際の炊飯器レビューなんかも書こうかなと思っています。

 

それでは!!