みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~を観てきました

 

今年も映画クレヨンしんちゃんを朝早起きして家族三人で観てきました。

 

 

このブログで映画クレヨンしんちゃんをご紹介するのも3回目。

 

blog.sapico.net

blog.sapico.net

 

今回の『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は、平成最後のクレしん映画作品です。

 

クレヨンしんちゃんポップコーンBOX

 

 

今年も映画館でしか買えないポップコーンBOXが販売されていました。

 

お値段は劇場によって違うかもしれませんが、札幌シネマフロンティアでは1200円でしたよ。

 

今回はトロッコに乗ったしんちゃんのフィギュア付きです。

 

 

今回の映画のグッズもたくさん販売されていました。

 

 

子供も小学5年生になったので、ポップコーンBOXから卒業し、クレヨンしんちゃんのグッズもちらっとみて終了。

 

でも向かい側の棚に並んでいたポケモングッズにはまだまだ反応していましたけど。

 

 

 

『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の感想

 

さて、それでは恒例の映画の感想です。

 

ネタバレも含まれる可能性がありますので、これから映画館へ行くから極力ネタバレは避けたいという方はご注意くださいね。

 

まず今回の『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』はしんちゃん役の声優さんが矢島晶子さんから小林由美子さんへと新しくなってから初めての作品。

 

そういう理由もあったためなのかもしれませんが、これまでのクレしん映画とはちょっと違う方向性の映画のように感じました。

 

そしてなにより一番感じたのは

 

この映画の主役はしんちゃんでもひろしでもなくみさえだった!

 

ということでしょうか。

 

しんちゃんのいつものおバカ加減はかなり低くなっていたいい子になっていましたし、ひまわりも普通の乳児になっていて、その存在感はこれまでの映画作品では一番薄い気がします。

 

でもひろしとみさえを中心とした家族愛の物語なのだろうなと思って観ていたのですが、これは家族愛映画というよりもすでに恋愛映画ですね。

 

まあテーマが新婚旅行ですから、当たり前なのかもしれませんが。

 

ただの恋愛映画ではなくて、結婚して子供がいる女の人はできないことがたくさんあるわけじゃなくて家族のためにたくさんのことができるんだというメッセージを感じました。

 

というわけで子供向けというよりは大人向けという印象。

 

いつものしんちゃんよりもおバカ度がちょっと低めでもあったからなのかもしれませんけど、劇場にいた子供たちのゲラゲラ笑うポイントが少し少なめだったように思います。

 

ペコ&りゅうちぇるご夫妻に小島よしおさんが作品内にご本人役として登場されていましたけど、小島よしおさんに至っては少々意味不明な感じになってしまっていたような…。

 

今作品ではみさえとひろしの愛の歌が聞けるわけですが、これは人によって受ける感じが違うようです。

 

でもこれまでこの二人がこんなに歌をうたったところって観たことがない気がするので貴重な作品ともいえるかも!

 

そしてエンディングのあいみょんの曲、これはこの映画にはぴったりだと思いました。

 

特に子供がまだ小さいお若いご夫婦にはGWに家族で観ていただきたい映画ですよ!

 

来年のクレしん映画にはあのヒト(?)が・・・

 

これまでクレしん映画の最後に来年の予告ってなかったような気がするのですが、今回は最後の最後に予告があり、このヒト(?)が出てきました。

 

UDF ウルトラディテールフィギュア No.470 クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん 全高約76mm 塗装済み 完成品 フィギュア

 

これは楽しみ!

 

おわりに

 

今回の映画上映の前のトレイラームービーでは気になる作品がいっぱい!

 

映画ポスター ポケモン 名探偵ピカチュウ DETECTIVE PIKACHU US版 hi2 [並行輸入品]

 

これ、日本ではこのGWに公開されるのですね。

 

おっさんピカチュウ、でもかわいい!

 

今年は観たい映画がいっぱいで困っちゃいそうですよ。

 

それでは!!