みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

紫アスパラガスを食べました

f:id:sapic:20210602214925j:plain

 

今が旬のアスパラ。

 

北海道のアスパラはギフトとしても喜ばれる美味しい一品です。

 

アスパラといえば普通は緑色のものを思い浮かべるかと思いますが、ホワイトアスパラも昔からありますね。

 

今日はちょっと変わった紫色のアスパラを食べてみましたのでご紹介します。

 

アントシアニンたっぷりの紫アスパラガス

 

f:id:sapic:20210602214859j:plain

 

こちらが紫アスパラガスです。

 

この紫色はポリフェノールの一種であるアントシアニンの色。

 

紫アスパラガスにも数種類の品種があるようなのですが、残念ながら購入時には特に品種名が書かれていなかったため、なんの種類なのかは不明です。

 

外側は紫色ですが、切り口は普通のアスパラと同じ緑色。

 

この紫色は外側だけのようです。

 

加熱すると緑色に変わる

 

f:id:sapic:20210602214908j:plain

 

紫アスパラガスをグリルで焼いてみました。

 

火を通しすぎると色が緑になると聞いていたのでさっと焼いてみたのですが、たしかに濃い緑色に変わっていますが数本は紫色のままのものもありました。

 

ちなみに茹でると全部緑色になるそうです。

 

せっかくきれいな紫色なのに加熱すると変わってしまうのは少々もったいない感じがするのはさぴこだけでしょうか。

 

生でも食べられるそうなので、色を楽しむには加熱をしないほうがいいのかもしれません。

 

甘みが強くて味が濃い紫アスパラガス

 

何もつけずにそのままかじりついて食べてみましたが、とっても味が濃くてびっくり!

 

そして柔らかくて甘みがとても強いのです

 

普通のアスパラガスも一緒にグリルで焼いてみたので食べ比べてみたのですが、どれも緑色になっていても食べるとすぐ違いがわかるほど!

 

これは美味しい!!

 

 

ちなみに紫アスパラガスが収穫時期が遅くなると緑色になってしまうので収穫のタイミングが難しいのだそう。

 

だからスーパーにはなかなか並ばないのかもしれません。

 

とっても美味しかったのでまた見かけたら購入したいなと思うのですが、そろそろ旬を過ぎてしまうので来シーズンまでお預けかな。

 

おわりに

 

この時期の北海道のアスパラはとっても美味しいのです。

 

 

茹でてよし焼いてよし炒めてよし!

 

 

この時期道の駅に行くとたくさんの採れたてのアスパラが販売されていることがあるのですが、昨年も今年も道の駅に買い物に行っていません。。

 

来シーズンこそ美味しい野菜を買いに道の駅に行きたいなと思うさぴこなのでした。

 

それでは!!