みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

千歳鶴酒ミュージアムで酒粕ソフトクリームを食べました〜GW番外編

 

ゴールデンウィーク中の我が家の旅行記も書き終わりましたので、今日はゴールデンウィーク中に食べた、ちょっと珍しい美味しいソフトクリームをご紹介します。

 

今日は晴れていても気温は低くてとっても寒い1日だった札幌ですが、ゴールデンウィーク中は半袖でもいいんじゃないかと思うほど気温が上がった日もありました。

 

 

大通公園も半袖半ズボンの人がいたくらいの陽気!

 

こんな日は冷たいものが食べたくなりますよね。

 

というわけで行ったのがこちらです。

 

千歳鶴酒ミュージアム

 

 

札幌の地酒といえば明治5年創業の千歳鶴。

 

こちらはその千歳鶴の製造元である日本清酒株式会社が酒造り文化を発信するために2002年にオープンさせた「千歳鶴酒ミュージアム」です。

 

 

中に入ると目に飛び込んでくるのはこれ。

 

 

 千歳鶴の仕込み水です。

 

 

200年もの長い年月をかけて地中深くに滲み込んだ伏流水ですって。

 

 

脇にはひしゃくと紙コップが置いてあり、仕込み水を自由に飲むことができるようになっています。

 

 

ゆらゆらと水が湧き出ているのがわかりますね。

 

昔はこのミュージアム外に仕込み水を汲める場所もあり、ペットボトルなどを持ってきて持って行く方もいらっしゃいましたけど、今はこのミュージアム内でしか仕込み水は飲むことができません。

 

酒造り文化を肌で感じるミュージアム

 

 

脇にはその時代時代の総理大臣の書いた色紙が飾られています。

 

 

酒造りに使われたものの展示もありますよ。

 

 

こちらは自由に着て写真撮影ができる千歳鶴のはっぴ。

 

資料館のように酒造りのものがいっぱい並んでいるというわけではないのですが、ひとつひとつに歴史を感じるようなものがさりげなくディスプレイされているという感じです。

 

酒ミュージアム限定の蔵元限定酒も

 

 

この鶴の書かれたオリジナル風呂敷に包まれた地酒、日本酒好きな方ならもらったらきっと喜んじゃいますね。

 

 

こんな日本酒仕込みの梅酒も発見!

 

日本酒ベースの梅酒ってどんな味なのかな〜。

 

 

こちらには金賞の酒なんていう商品もありますよ。

 

見るからに美味しそう!

 

 

そのほかにもたくさん千歳鶴の日本酒がならんでいました。

 

 

 

千歳鶴酒ミュージアムならではのお土産物も多数

 

 

お酒以外にもお酒に関するグッズがたくさん販売されています。

 

 

このぐい呑とかおちょことか枡、ちょっといい感じですよね。

 

自宅にあったらお店気分で日本酒が楽しめそう。

 

 

そのほかにも北海道民ならご存知の「ことぶきみそ」も並んでいます。

 

ことぶきみそも千歳鶴と同じ日本清酒株式会社の商品ですからね。

 

 

これ、買って帰ろうか悩んで結局買わずに帰ってきた純米大吟醸の酒粕です。

 

1キロ1000円。

 

やっぱり買ってきておけばよかったなぁ。

 

酒粕ソフトクリーム

 

 

さて、本日の一番のお目当て、酒粕ソフトクリームがついに登場です。

 

千歳鶴大吟醸の酒粕を練りこんでつくられた、ここ千歳鶴酒ミュージアムだけのソフトクリーム。

 

 

じゃーん!

 

カップの底までびっしりと入ったこの酒粕ソフトクリーム、これを食べにここまできたのでした。

 

 

スプーンですくってひとくち食べると、ミルクの味の中にあの酒粕の風味がぷわーっと広がります。

 

ああ…、美味しい。

 

この味はほかでは食べられませんよ。

 

アルコール分は含まれていないとはいえ大吟醸の酒粕の風味が強いので、日本酒が苦手な方にはオススメできませんけど、甘酒が好きな方ならきっと気に入っていただける味だと思います。

 

子供はちょっと苦手だったようなので、お子様の場合は大人の方の分だけ先に購入して味見をしてからの方がよいかもしれませんね。

 

酒粕ソフトクリーム以外にもパウンドケーキ系のケーキがあり、セットで頼むとお得です。

 

 

酒粕ソフトクリームを食べたイートインコーナーにはこんな展示もされていました。

 

 

ちなみに酒粕ソフトクリームは持ち歩きができませんが、千歳鶴酒ミュージアム限定の酒粕アイスクリームも販売されているので、持ち歩きに時間がかからないようであれば自宅へのお土産用に購入することも可能です。

 

 

このアイスもいつか食べてみたい!と思いつつ、やっぱりソフトクリームの方にしてしまうのでした…。

 

千歳鶴酒ミュージアムは入館料無料

 

 

千歳鶴酒ミュージアムは入館料無料!

 

千歳鶴酒ミュージアムの住所は札幌市中央区南3条東5丁目1番地です。

 

隣接の駐車場は料金がかかりますが、千歳鶴酒ミュージアム内での利用がある場合は一定時間料金が無料になります。

 

公共交通機関の場合は地下鉄東西線バスセンター前駅の9番出口から徒歩5分くらいです。

 

中心部から少し離れた場所にあるのでそれほど激混みになることもないのでおすすめですよ。

 

日本酒好きな方へのお土産物をここでゲットするのも良いかもしれませんね。

 

おわりに

 

今回は酒粕ソフトクリームをご紹介しましたけど、実は今日もソフトクリームを食べに行っていました。

 

 

八紘学園のソフトクリームです。

 

blog.sapico.net

blog.sapico.net

 

今年に入って1度目は シーズン前、その次は売り切れ、三度目の正直でやっと食べることができました。

 

 

写真で見ると晴れていて絶好のソフトクリーム日和に見えるのですけれども、今日の札幌は寒かったので、皆さん寒い寒いと言いつつソフトクリームを食べていました。

 

さぴこがソフトクリームを食べていた時間の札幌の屋外の気温は12度くらいしかなかったのです…。

 

寒かったけど念願のソフトクリームはとっても美味しかったですよ!

 

でもできれば今度は暑い日に食べたいかも。

 

それでは!!