みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

サクレレモンの上にのったレモン、どうやって食べますか?

f:id:sapic:20210607221206j:plain

 

今日も夏の気温となった札幌。

 

断熱材の効いた家の中は一度温まるとなかなか冷めず、外の気温より高くなってしまいます。

 

そんな暑い日にぴったりな食べ物といえばかき氷。

 

今は素敵なかき氷を食べることができるお店が増えましたが、いつでもスーパーで気軽に購入できるかき氷を暑い日におうちで食べるのもなかなかのお楽しみだったりします。

 

そんな気軽に食べられるかき氷でさぴこが一番好きなのはこちら!

 

サクレレモン

 

f:id:sapic:20210607221213j:plain

 

昭和の時代からあるこのサクレレモン、昔から大好きでした。

 

サクレレモンといえばこれ。

 

f:id:sapic:20210607221225j:plain

 

スライスレモン入りのかき氷ということ!

 

f:id:sapic:20210607221229j:plain

 

初めてサクレレモンを食べた時、本物のレモンが入っていてびっくりしたのを思い出します。

 

ああ、懐かしい思い出です。

 

ちなみにサクレレモンが発売されたのは1985年。

 

今から36年も前なんですね。

 

さぴこがまだ中学生の頃…。

 

上にのったレモン、どうやって食べる?

 

f:id:sapic:20210607221238j:plain

 

こちらがサクレレモンのフタをあけたところです。

 

このかき氷の上にのったレモン、一番美味しい食べ方を学生時代に友人と話し合ったこともあります。

 

f:id:sapic:20210607221243j:plain

 

まず、基本としてレモンの皮を食べる派食べない派がいますね。

 

それどころか上にのっているレモンそのものは食べないという人も!

 

えーーーっ、これが美味しいのにーーーーっとびっくりした思い出がよみがえります。

 

レモンの食べ方も様々で、まずフタの裏にレモンを載せておいてかき氷をある程度食べてから楽しむ人や、すぐに口の中に入れちゃう人も!

 

あとはレモンを上からスプーンでザクザクと崩してかき氷と混ぜて食べる方法もあります。

 

さぴこも昔はレモンの皮だけは残していたのですが、いつの頃からかレモンの皮も食べちゃうようになりました。

 

基本はスプーンでレモンの果実の部分のみをかき氷と混ざるようにザクザクとさして、ある程度果実が混ざったらレモンの皮をパクっと口に入れちゃいます。

 

その後すかさずかき氷を口に入れると、レモンの皮のビターな感じと甘くて酸っぱいかき氷が口の中で爽やかな味に!

 

ああ、たまりません。

 

なかなか売っていない

 

一つ問題があるとすれば、以前よりもなかなかサクレレモンに出会えなくなったということでしょうか。

 

アイスクリームもいろんな種類があるので仕方がないのかもしれませんが、定番品以外はいつも買えるという状況にはなっていないことが多く、サクレレモンにもなかなか出会えずにいます。

 

できることなら買いだめしたいのですが、かき氷って冷凍庫でかさばってしまうので一度にたくさんは購入できないのです。

 

しかも家族それぞれで好みのアイスが別にあるので、夏は冷凍庫に家族の好きなアイスがつねに必ず入っているということもあり、たまたまサクレレモンがたくさん売っている日に買い物に行けても1つか2つしか購入できないことがほとんど。

 

うう…、アイスクリーム専用冷凍庫が欲しい…。

 

ちなみにフタバ食品のオンラインショップのこちらのサイト。

 

宇都宮飯店 とんきっき

 

ここからだと近所のスーパーでは見かけないサクレシリーズがいろいろと購入できるのですよね。

 

ただし10セットとかなんですけど…。

 

ああ、本気でアイス専用冷凍庫、買っちゃおうかしら。

 

おわりに

 

今日もこのエントリーを書いている間ずっとサクレレモンが食べたくて仕方がなくなっていました。

 

近所のスーパーでいつも買えるようになってほしい!!

 

あとサクレトマトとかも食べてみたい!

 

本気でアイス専用冷凍庫を探し始めたさぴこなのでした。

 

それでは!!