みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

小学6年生の子供が英検3級二次試験に合格!今回はコロナの影響でいろいろ大変でした

f:id:sapic:20200901150455j:plain

 

今日は2020年度の英検二次試験の合否結果発表日でした。

 

子供が前回英検を受けたのはもう2年も前。

 

blog.sapico.net

 

英検3級はいろいろとトラブル続きで試験を受けるまでが本当に大変だったのです。

 

2019年第1回目と第2回目は申し込めず

 

当初子供が英検3級を受けようとしていたのは2019年の1回目でした。

 

ですが日程を見るとなんと運動会の翌日。

 

運動会は雨天時、翌日に順延されるということもあって申込みをやめることにしたのです。

 

前の年も順延になっていましたからね。

 

そして次の回は公文での英検受験受付がなくなってしまっていて、個人で申し込むのを忘れてしまったり。

 

まあ別に早く受ければいいというものでもないし、ちゃんと英検のための勉強をして確実に受かるようにしてから小学5年生の間に取れればいいやというので第3回の試験を今年の1月に受けました。

 

一次試験は合格したのですがこれからまたトラブルが発生したのです。

 

北海道地区の二次試験が中止になった

 

2019年度の第3回の英検の二次試験の日程は今年の3月1日の予定でした。

 

そうです。

 

北海道に緊急事態宣言が出て、北海道内の小学校が休校に入った直後のこと。

 

それでも試験の前日の午前中までは実施の予定だったのですが、なんと前日の午後になってから急遽中止になってしまったのです。

 

この中止、前日の夜に英検のサイトを見なければわからないという状況でしたよ…。

 

とりあえず2020年度の第1回か第2回に振替ができるということで今回の第一回の二次試験を受けました。

 

英検の二次試験の場所がすごかった

 

いつもなら札幌市内の大学などで行われることが多い二次試験。

 

コロナのせいでいつもの場所が使えなかったためか、今回はすごい山の中にある宿泊研修施設で行われました。

 

試験会場につくまでは本当にこの道でいいのかと思うような細い道で、私も子供も不安になるくらいです。

 

しかも今回は保護者控室もないので受付後は車の中で待つしかありません。

 

いつもなら英検の会場へは公共交通機関でとなっていますが、今回は流石に難しい場所にあるということなのか、受付で

 

「保護者の方は車でお待ちになりますか?」

 

と聞かれたほどです。

 

試験終了後、会場からの帰り道は山の下までつながるほどの大渋滞でこれまたびっくりしましたよ。

 

以前会場のすぐ近くにあるラベンダーで有名な幌見峠で見た大渋滞の光景が再び、という感じでした。

 

本当は英検準2級が目標だったけど

 

さすがに今回のいろいろな騒動で次の試験はちょっと先にしたいと思ったようです。

 

本当は同じ公文に通っている今小学3年生の子が小学1年生で英検準2級に合格しているので小学校卒業までに英検準2級を取りたいといっていたのですけど、今回のコロナですっかりその意欲も低下してしまいました。

 

というのもやっぱり英検の3級の二次試験までが長すぎてモチベーションを保つのが難しかったというのもあります。

 

その期間に準2級の勉強をしていればよかったのでしょうけど、休校になってしまってから自宅では学校の勉強をするだけで精一杯でしたから。

 

小学校1年生の2学期からはじめた公文の英語だけで英検3級まで合格したのだからもうそれはすごいことなんだよ、と子供には伝えましたよ。

 

高学年になると勉強の項目も増えて英語だけに力を入れることも出来ない中、本当によくがんばりました。

 

おわりに

 

ずーっとモヤモヤしていた英検の話をやっと書くことができました。

 

このブログは子供も見ているので、高学年になってからは学習やプライベートに関することをあまり書かないようにしていたということもあり、合格が確認できるまでは書くのを控えていたのです。

 

ここ数ヶ月のモヤモヤがやっとなくなってスッキリ!

 

それでは!!