みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50を購入しました

 

随分と前の話になってしまうのですが、AmazonプライムDAYのタイムセールで体重計を新しいものに買い換えしました。

 

購入したのは『タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 ブルー BC-314-BL』です。

 

これまで使っていた体重計もタニタのもので、当時としては比較的機能が高い体重計だったのですが、さすがに10年以上前に購入したものということもあって今回購入したものと比べると10年でこれだけ進化したのかと思いましたよ。

 

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50

 

 

購入した『タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50』、現在Amazonでは 4,980円で販売されています。

 

 

今回購入したものとどちらにしようか最後まで悩んでいたのはオムロンのこちらです。

 

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン ホワイト HBF-214-W

オムロン 体重・体組成計 カラダスキャン ホワイト HBF-214-W

 

 

今日現在でこのホワイトのみ2,980円で販売されていました。

 

同じような体重計ですけど2,000円の差があります。

 

購入検討時はタイムセールの価格が2,980円で通常価格が3,450円ほどだったのですが、タイムセールでは売り切れになってしまっていたので、どうしようかと思っていたところ、AmazonプライムDAYの終了間際に今回購入したタニタの体重計が1,330円オフになっていたので購入を決めました。

 

正直あまり体重計にこだわりはなかったはずなのですが、タニタの体重・体組成計 インナースキャン50の購入の決め手となったのは高精度で単位が50グラムだったことでしょうか。

 

 

 

インナースキャン50開封

 

 

届いた時は以前体重計を購入したときよりも箱が薄くて小さいのにびっくりしました。

 

しかも軽いんです。

 

 

袋から出してみました。

 

とってもコンパクトでシンプル。

 

ボタン類等の出っ張っている部分は一切ありません。

 

電源ボタンもないのですよ。


乗った人をピタリと当てる乗るピタ機能

 

 

このインナースキャン50は本当にただ乗るだけで勝手に電源がオンになり、しかも登録した人物を自動的に選択して前回の計測との比較もしてくれるという「乗った人をピタリと当てる乗るピタ機能」付きなのです。

 

ちなみに登録は5名までOK!

 

体重以外もいろいろ測定可能

 

この体重計は体重以外にもいろいろと測定できるようになっていますが、特徴を箇条書きにしてみますね。

 

  • 体重最小表示 50g
  • 体脂肪率 0.1%単位
  • 内臓脂肪レベルの表示
  • 筋肉量スコアの表示
  • 基礎代謝量
  • 推定骨量
  • 体内年齢
  • BMI
  • 6才からの肥満判定
  • アスリートモードあり

 

といろいろと機能がたくさんあるのですが、さぴこが注目しているのは内臓脂肪レベルと筋肉量スコア、そして体内年齢ですかね。

 

体内年齢を若くするためには基礎代謝量を高くしなければならないようなので、やはり運動で筋肉をつけるしかないのかもしれません。

 

ああ、体重計の中だけでも若返りたいものです。

 

おわりに

 

体重計なんて体重がわかればいいやとも思っていたのですが、いろんな数値がでてくるのでちょっと楽しいです。

 

ただ10年前の体重計と体脂肪率の数値がかなり違うのでちょっと気になるところ。

 

まあ体重計は目安にしかならないので、少しでも体重が減るように努力しようと思います。

 

さて、子供の夏休みが終わったらダイエットを復活させなくては…。

 

それでは!!