みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

丸亀製麺のタル鶏天ぶっかけうどんはどうやって食べたらいいのかわからなかった

 

先日、このブログで食べたいといっていた丸亀製麺のタル鶏天ぶっかけうどん。

 

この3連休、ついに食べにいってきました。

 

blog.sapico.net

 

タル鶏天ぶっかけ!

 

さて、食べようと思って席についたとき、ふと考えました。

 

あれ?タル鶏天ぶっかけの食べ方がわからない。

 

これ、どうやって食べるのが正解?

 

とりあえずまずは鶏天にタルタルをつけてガブリ。

 

うん、美味しい!

 

鶏天の下側にはぶっかけうどんのつゆがついていて、タルタルとぶっかけうどんのつゆの風味とカリカリサクサクの衣の鶏天がとってもいい感じです。

 

さて次はうどんをと思ったのですが、うどんを食べると上にのっているタルタルと鶏天のバランスが崩れてしまいそうになるんですよ。

 

これは、どうやって食べると一番美味しくいただけるのか…。

 

せっかくのタルタルがうどんつゆの中に入ってしまうと鶏天や野菜につけて食べることができなくなっちゃいますし、先に鶏天と野菜とタルタルを食べた後にうどんを食べるというのもちょっと違う気がします。

 

白ごはん小を子供とふたりで分けて最後にかけ出汁をかけていただこうと思っていたのですが、これはもしかしたら鶏天とタルタルの一部をご飯の上に避難させてから頂いたほうがいいのだろうか、とかいろいろ考えました。

 

それ以前にまず鶏天を最小の3個でお願いしましたが、かなりのボリュームなのでさぴこ的には2つで十分だなということ。

 

というわけでうどんつゆが浸透する前にダンナに食べてもらうことにしました。

 

さて、お次は野菜をターゲットに。

 

野菜にタルタルをのせて、下のうどんと一緒に食べてみるとこれがまたかなり美味しい。

 

野菜のシャキシャキにクリーミーなタルタルソース、そしてもっちりしたうどんの噛みごたえが最高!

 

そこに鶏天を一口ガブリ。

 

これが想定されている食べ方なのかわかりませんが、鶏天の風味が加わりこれまたいい感じになりました。

 

ただひとつ、ちょっと残念なのがうどんを食べているとタルタルがうどんつゆに混ざってしまうこと。

 

うどんつゆにタルタルが混ざるとそれはそれでクリーミーなつゆになって美味しいのですけど、せっかくのタルタルなので鶏天につけて食べたいなとか思っちゃうわけです。

 

でももしかしたらこれって食べる前に野菜も鶏天もタルタルも一緒に混ぜてしまってから食べることを前提にして作られているのかも?とかいろいろ考えちゃいました。

 

もしかしたら公式に食べ方が案内されているかも、と思って調べてみましたが見当たらず。

 

まあ結局はその人それぞれに自由な食べ方で美味しく味わってください、ということなのかもしれません。

 

次にタル鶏天ぶっかけを頼んだときにはまた違う食べ方をしてみようと思います。

 

これまではシンプルなうどんが好みだったさぴこですが、タル鶏天ぶっかけはちょっとハマってしまうかもと思ってしまいましたよ。

 

ごちそうさまでした。

 

それでは!!