みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

ベル食品のスープカレーの作り方マイルドで毎週スープカレーを作っています

f:id:sapic:20210210220521j:plain

 

この1年で外食に行く回数が激減した我が家。

 

これまで家で作るカレーといえばルーカレーでしたが、ここ数ヶ月はルーカレーはほとんど作っておらず、いつもスープカレーばかりを作っています。

 

ちなみに今日もスープカレー。

 

ルーカレーも好きなのですが、家族からはなんとなく外食気分が味わえるスープカレーのリクエストが続いていて、ここ最近は毎週作っています。

 

ベル食品のスープカレーの作り方マイルド

 

f:id:sapic:20210210221941j:plain

 

スープカレーといっても自分でイチから作るわけではなくベルのスープカレーの作り方を使って作っています。

 

ちなみに今日使った具材は、じゃがいも、にんじん、ごぼう、大根、ピーマン、ブロッコリー、ミニトマト、他にはゆで卵と手羽元を使いました。

 

いつもはスロークッカーで作り置きしてある水煮大豆、なす、れんこん、オクラ、ひらたけ、パプリカなんかも入ります。

 

なぜか家ではスープカレーに玉ねぎは入れません。

 

ルーカレーには絶対に入れるのにスープカレーに玉ねぎが入っているイメージがあまりないんですよね。

 

お肉は鶏モモ肉か手羽元か手羽先を使うことが多いのです。

 

骨があると少々食べにくいのですけど、スープカレーの味が美味しくなるのは骨つきかなと。

 

なので鶏モモ肉と手羽元か手羽先を両方使うこともあります。

 

以前お店のようにチキンレッグで作っていたこともあるのですが、チキンの火の通りに時間がかかるので鶏もも肉をカットしたものか手羽元を使うようになりました。

 

チキンレッグを使わないことで作る手間も半減したので、作る回数も増えたというわけです。

 

以前は具材を完全に素揚げして作ったりもしていたのですが、最近は野菜などを電子レンジで9割加熱済みにしてから多めの油で炒め揚げのようにして作ることでこちらも手間が半減しました。

 

とはいえスープカレーは野菜がたっぷりということもあり、4人分の野菜がすごい量になるので下ごしらえはそれなりに時間がかかりますけどね。

 

子供は毎日食べたいらしい

 

札幌には美味しいスープカレーのお店がたくさんあって、以前はよく家族でスープカレーを食べに行っていました。

 

ここ1年はお店でゆっくり食べることはなかなか難しくなっちゃいましたから、外で食べる回数は激減しています。

 

子供は辛くないスープカレーが好きなので、ベル食品のスープカレーの作り方マイルドが他のお店で食べるよりも気に入った様子。

 

スープカレーはテイクアウトでも食べられるお店が多いのですが、最近は家で作ったスープカレーばかりになってしまいました。

 

作っている身としてはたまには美味しいお店のスープカレーも食べたいなとは思うのですけどね。

 

おわりに

 

多分このスープカレーの野菜摂取量はなかなかだと思います。

 

スープの部分も中身はほぼ野菜がぎっしりですから。

 

たまにはルーカレーも作りたいなとも思うことがあるのですけど、流石に週2回カレーはないかなとなかなか作れません。

 

ルーカレーの方が作る手間は少ないので、手抜きしたいときなんかはスープカレーよりルーカレーを作りたい日もありますけど。

 

子供は週2回カレーでも全然OK派ですけどね。

 

おうちスープカレー、ベル食品のスープカレーの作り方マイルドならお子様がいらっしゃるご家庭でも大丈夫ですので、食べてみたいと思われた方はぜひお試しください。

 

 

それでは!!