みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

ダイショーの博多もつ鍋スープと藤原製麺の鍋しめますラーメンはオススメです

 

寒い毎日が続いていますが、冷える日には鍋物がとっても美味しく感じられますよね。

 

最近鍋料理が多い我が家ですが、昨日はダイショーの「博多もつ鍋スープ」を使って始めてちゃんとしたもつ鍋をしてみました。

 

なかなか美味しいもつ鍋を食べることができましたので、今日ご紹介してみようと思います。

 

もつは牛ホルモンの「シマ腸」

 

 

もつ鍋といえばシマ腸ですよ!

 

北海道でこういったもつ鍋用のシマ腸がスーパーでも購入できるようになったのは最近のことだと思います。

 

しかも冬の間しか見かけません。

 

博多だったらきっとかなり気軽に購入できるのでしょうね。

 

その代わりといってはなんですが、札幌ではジンギスカンのお肉はいつでもスーパーにたくさん並んでいますけど。

 

「博多もつ鍋スープ」を使ったもつ鍋の作り方

 

 

パッケージの後ろにはこの「博多もつ鍋スープ」を使って作るもつ鍋の作り方が詳しく書かれていました。

 

材料はこんな感じ。

 

 

我が家ではこれに北海道産のニンニクをスライスしたものとお豆腐も追加しました。

 

作り方は簡単!

 

 

開ける前によく振ったスープを鍋に入れ、沸騰させてからもつを投入後、さらに沸騰したら野菜類をいれるだけ、という超簡単なもの!

 

 

鍋のあとは!のところにねぎ塩ちゃんぽんの作り方が書かれていたので、これはぜひ食べたいと思ったのですが肝心のちゃんぽん麺が売っていません。

 

というわけでこちらを入れてみることに。

 

 

北海道ではしろくまがパッケージデザインのラーメンでおなじみ、旭川にある藤原製麺の「鍋しめます!ラーメン」です。

 

藤原製麺 札幌円山動物園ラーメン塩 102.4g×10袋

藤原製麺 札幌円山動物園ラーメン塩 102.4g×10袋

 

 

このしろくまのラーメンはお土産物屋さんでも人気があるようですよ。

 

さて、この「鍋しめます!ラーメン」の調理方法はこちら。

 

 

6分半から7分煮込む必要がありますが、鍋つゆが少ないといろいろと大変そうなので、鍋を食べる際にスープを飲まないように気をつけなければ。

 

 

ちなみにカロリーは麺のみで253キロカロリーのようです。

 

 

 

本格的なもつ鍋が簡単にできた

 

 

スープを沸騰させて、もつを入れた後さらに沸騰した後に野菜を入れ、アクを取りました。

 

これだけでもう80%完成しています。

 

 

仕上げはニラとニンニクスライスです。

 

子供も食べるので鷹の爪は入れませんでした。

 

柚子胡椒を用意すればよかった

 

 

シマ腸がトロトロで口の中でとろけます。

 

なかなか本格的なもつ鍋になりましたが、後悔がひとつ。

 

それは「柚子胡椒」を用意していなかったことです。

 

あああああーーーーーー、失敗。

 

これ、絶対柚子胡椒を入れた方が美味しくなりますよ。

 

ちなみに今回食べたのはこちら。

 

ダイショー 博多もつ鍋スープ しお味 750g

ダイショー 博多もつ鍋スープ しお味 750g

 

 

塩味です。

 

その他にもみそとしょうゆがありますよ。

 

ダイショー 博多もつ鍋スープ みそ味 750g

ダイショー 博多もつ鍋スープ みそ味 750g

 
ダイショー もつ鍋スープ しょうゆ味 750g

ダイショー もつ鍋スープ しょうゆ味 750g

 

 

本場では何味を食べることが多いのでしょうか。

 

気になります。

 

しめは藤原製麺の鍋しめます!ラーメン

 

 

本当は鍋を食べきった後に入れるものなのでしょうけど、早くラーメンが食べて見たいというリクエストがあったので、ある程度具が減ったのを見計らってラーメンを投入しました。

 

パッケージに書かれていた通り、7分加熱してみましたよ。

 

 

こんな感じで出来上がりです。

 

この麺、美味しすぎる!!!!!

 

乾麺にスープが染み込んで、しかもコシがあるラーメンなのです。

 

噛むとスープがじゅわっと麺からでてくるような感じ。

 

このラーメン、鍋に最高に合うかも!

 

さすがは「鍋しめます!ラーメン」です。

 

おわりに

 

最近我が家の鍋のレギュラーメンバーといえば

 

カゴメの「トマト鍋」、

 

カゴメ 甘熟トマト鍋スープ 750g

カゴメ 甘熟トマト鍋スープ 750g

 

 

まつやの「とり野菜鍋」、

 

まつや とり野菜みそ 200g 2袋セット

まつや とり野菜みそ 200g 2袋セット

 

 

そしてピェンロー鍋。

 

blog.sapico.net

 

この3つのローテーションだったのですが、それにこの「もつ鍋」は加えてもいいほど美味しかったです。

 

ただ一つ、この「もつ鍋」には我が家特有の欠点が。

 

肉嫌いの私の母は鍋の時は野菜を中心に食べていたので一緒に食べることができたのですが、この「もつ鍋」のシマ腸から溶けでる牛の脂のスープが食べられないということで、別メニューを用意しなければならないということです。

 

なので3つの鍋の鉄板のローテーションは崩れることはなく、たまーに「もつ鍋」が投入されるということになりそうですが、この「シマ腸」がいつでもスーパーに並んでいるわけではないということもネックだったりします。

 

と、アマゾンでもつ鍋を調べてみたらいろいろセットで販売されていました。

 

 

うっ、お値段がなかなか・・・。

 

これを考えると今回はかなりリーズナブルに本格的なもつ鍋を味わえた気がします。

 

そういえば北海道なら定番のはずの「石狩鍋」、今年まだ食べていないかも。

 

今年は鮭の値段が高いからか、鮭のアラも例年より少ないんです。

 

来年こそは思いっきりいくらや鮭が食べられる価格になりますように・・・。

 

それでは!!