みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

札幌では1月9日以降発売の本が入荷未定の状態!大雪の影響はいつまで続く?

大雪

 

東北の大雪による貨物遅延の影響で雑誌や書籍の入荷が完全にストップしてしまった札幌。

 

同じ北海道内でもフェリー輸送のところなんかは届いているところもあるようなのですが、札幌市内は違うらしくほとんどの書店で本がない状態が続いています。

 

札幌市内のどこの書店にいっても

 

『1月9日以降発売の本は現在入荷未定』の張り紙ばかりです。

 

航空便で送ってくれるネット通販で購入したほうが早く届くようですが、航空便もコロナによる影響の減便で載せられる荷物が少なくなっているようですので、遅延がある可能性も。

 

しかたがないとはいえ、大変です。

 

本州産の野菜も高い

 

入ってこないのは本だけじゃありません。

 

JR貨物で運ばれてくる九州、四国産の野菜などの入荷も遅れているようで、今年は安かったはずの野菜が少しづつ値上がりし始めていました。

 

お正月価格が一段落ついたかなと思っていたら、また値上がりし始めたのでちょっとがっかりです。

 

本州からのものが北海道に届いていないということは、北海道内のでとれたお野菜も運べていないということなのでしょうか。

 

物流がストップすると生活に深刻な影響を与えますね…。

 

JR貨物は15日から運行再開の予定

 

今の所JR貨物は15日から運行再開の予定とのこと。

 

ということは今週末には本なども少しづつ入荷し始めるのでしょうか。

 

約1週間遅れですから、週刊誌なんて前の週のものがお店に並ぶなんてことになるのでしょうね。

 

それはそれでちょっと切ない感じもしますけど。

 

書店の方も何人もの人にいつ入荷するのかを聞かれて大変だと思いますので、一日も早く入荷してほしいです。

 

おわりに

 

今年は大雪の被害があちらこちらで発生していますが、コロナに大雪にと新年早々なんだかなぁという出来事が多いのが残念です。

 

春の訪れの頃にはいいニュースが続いてくれることを願って。

 

それでは!!