みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

北海道と関東圏は緊急事態宣言が継続!解除後のことを考えると不安もあります

アフターコロナ 見えてきた7つのメガトレンド

 

大阪、京都、兵庫の近畿3府県で緊急事態宣言が解除されました。

 

北海道と関東圏は引き続き緊急事態宣言が継続されています。

 

北海道は感染者数がやっと減ってきて落ち着きつつありますが、それでもまだ油断ができない状況であることは確か。

 

とはいえ、現在の状況が維持出来れば近いうちに緊急事態宣言は解除されるのではないかと思ってはいます。

 

また感染者数が増えるのではという不安

 

緊急事態宣言が解除されたからといってもすぐに元どおりになるわけではなく、しばらくはある程度の自粛生活が続くのは間違いないでしょう。

 

また人の動きが活発になれば感染拡大の可能性がありますから。

 

でもワクチンや特効薬ができるまで自粛し続けるわけにもいきませんから、少しづつ共存していかなければならないのですよね。

 

少し不安なのは大学の授業が始まることによってまた都道府県をまたぐ移動が活発になってしまうことでしょうか。

 

この長い自粛生活が終わったと思ったらまた自粛生活に逆戻りということだけは避けたいです。

 

高校生も中学生も小学生も

 

甲子園の中止が発表になりましたけど、今年の児童生徒はいろんな意味で本当にいろいろなものを犠牲にしなければならなくなってしまいました。

 

さぴこの子供は小学6年生ですけれども、すでに中止が決定になった行事がいくつもあります。

 

これまで当たり前だったことはこの先も当たり前であるとは限らない、とはいえこれほど激変することになるとは誰も予想することはできませんよ。

 

本来であれば札幌の小学校の運動式シーズンであるこの時期にまさか家で過ごさなければならないことになるとは…。

 

仕方がないこととはいえ、本当に子供たちが不憫でなりません。

 

もしかしたら25日に解除される可能性?

 

今日の夕方にはこんなニュースもありました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

もしかしたら25日にも解除が可能かも、だそうです。

 

となると来週には休業中のお店が再開する可能性もありますね。

 

ただ札幌市内の小学校は今月中の休校が決定しているので、学校の開始は6月1日からなのでしょう。

 

ただ6月1日に学校が再開されたとして、どこまで再開されるのかはまだ不透明。

 

授業があるのかないのか、授業があったとして何時間あるのか、給食はどうなるのかなど全くわからない状況です。

 

こんなに長い間学校を休んでいたので体力的にすぐに通常の学校生活に馴染めるかどうかもちょっとだけ心配ですけど、子供は早く学校に行けることを心待ちにしていますよ。

 

おわりに

 

緊急事態宣言が解除されることを望んでいるのに、いざもうすぐ解除されるかもと聞くとそれはそれで不安に思ってしまったりします。

 

まあ緊急事態宣言が解除されても今は週に1度の買い物が週に2、3回になるくらいで、私の生活は大きく変わらないとは思うのですけどね。

 

とにかく今は子供が学校に行けるようになってくれることが一番の希望ですよ。

 

子供の休校がこれ以上伸びないように、今はまだ自粛生活を続けていきたいと思います。

 

それでは!!