みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

大容量モバイルバッテリーは購入するべきです

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2018年8月時点 (ブラック)

今週のお題「わが家の防災対策」

 

先日の北海道地震では地震発生直後に停電になりました。

 

前日の夜は台風のために寝不足でしたから竜巻注意報と雷がひどい音を立てていても12時過ぎくらいには就寝して地震発生直前までぐっすりと眠っていたのです。

 

非常に大きな揺れが襲ったのは9月6日の午前3時8分。

 

あまり大きな地震が発生しない札幌で猛烈な縦揺れが長時間続きましたから、一瞬何が起きたのかわかりませんでした。

 

ちなみにスマホから「地震です」と聞こえたのは揺れている最中。

 

揺れが収まってきてから状況を確認しようとテレビをつけようと思いましたが、あたりは真っ暗ですでに停電していたのです。

 

停電であまりにも暗かったということもあり明け方になるまでは少しでも睡眠をとっておこうと思いましたがなかなか寝ようと思っても寝られませんでした。

 

前日スマホを充電して寝るのを忘れてしまっていたので、その時点でのバッテリー残量は55%だったということもあり、あまり頻繁にチェックするのを避けていたのですが、ツイッター等での情報でこれは普通の地震ではないということがわかった午前4時頃、寝室のある2階から1階へ降りて状況確認を行ったのです。

 

部屋の中は幸いなことにぬいぐるみが1つ落ちていただけで家の中に変化はありませんでしたが、大きな地震のあとには断水になることが多いのでお風呂と空のペットボトルや水筒など水をいれておける容器すべてに水をためておくことにしました。

 

モバイルバッテリー3つとMacBookAir2台は満充電

 

地震のあった前の夜の台風対策でモバイルバッテリーとMacBookAir2台は満充電になっていました。

 

停電は復旧する気配もないので、いつも使っているAnkerのコンパクトモバイルバッテリーにiPhoneをつないで充電しながら情報収集をすることに。

 

 

モバイルバッテリーが満充電で本当によかったと思った瞬間です。

 

そしてもう一つとてもありがたかったのはこちら。

 

blog.sapico.net

 

通常利用しているコンパクトモバイルバッテリー2台分の容量のこちらがあったおかげで気持ちに余裕ができましたよ。

 

そのほかダンナもモバイルバッテリーを持っていたので合計3台。

 

地震当日はまだauも繋がったので、朝まではネットで情報収集を行っていました。

 

ただこの時にはこんなに長い停電になるとは思ってもいなかったのです。

 

結局41時間の停電時間内ではMacBookAir2台からモバイルバッテリーを充電していたので、モバイルバッテリー2台はどちらもほぼ満充電の状態のまま復電しました。

 

最悪1週間停電が続くかも、なんて話もあったので極力使わないようにしていたのと、1日2時間ほどは車での充電もしていたからでもありますけど。

 

モバイルバッテリーがあればこのLEDデスクライトも使えるんですよ。

 

blog.sapico.net

 

こちらのデスクライトも満充電状態でしたが、ろうそくがなくなったりどうしても明るい光が必要な状況になったときに使おうと思っていたら、結局数分使っただけでした。

 

3日以内に停電が解消するということがわかっていたならもっと明るい気持ちですごせたのですけどね。

 

 

 

大容量モバイルバッテリーは防災グッズです

 

今回の地震による停電でみんなが困っていたのがスマホを充電できないということ。

 

テレビによる情報もなく、スマホがなければ情報収集が難しい状況だったのと、ご近所の方はひっきりなしにLINEで安否確認が届くのでその都度バッテリーが消耗し、モバイルバッテリーもないということでかなり困っていました。

 

小さいモバイルバッテリーは持っているという方も多いですが、大容量モバイルバッテリーは持ち運ぶには重たいからと持っていない方も多いようなのです。

 

でも大容量モバイルバッテリーがあれば停電時でも充電難民になることはありませんよ。

 

札幌市内各所でも充電可能な場所は徐々に増えてはきていましたけど、地震当日は1人30分の充電をするために3時間かかったという方もいたようですから。

 

大容量バッテリーは旅行の時にも使えますし、何よりも災害による停電時の防災対策アイテムになります。

 

さぴこはもう一つさらに大容量のモバイルバッテリーを注文済みですよ。

 

札幌市内では電池で充電できるモバイルバッテリーが人気があったようですが、これって単三電池を1度に4本使うのです。

 

GREEN HOUSE モバイルバッテリー 乾電池式 ホワイト GH-BTB34A-WH

GREEN HOUSE モバイルバッテリー 乾電池式 ホワイト GH-BTB34A-WH

 

 

こういった災害時には単三電池も手に入りにくくなりますから、あらかじめ大容量のモバイルバッテリーを購入しておくことを強くおすすめします。

 

おわりに

 

モバイルバッテリーをいつか買おうと思っている方、今ですよ。

 

さぴこは今回こちらをなんと1999円で注文しました。

 

 

本当はこちらが購入したいのですけれどもね。

 

 

お値段が半額の方を選んでしまいましたけど、できればAnkerのモバイルバッテリーをお勧めします。

 

電気のない生活、予想以上でした。

 

今回は発電機が欲しくなりましたよ。

 

ヤマハ 発電機 インバーター EF2800ISE

ヤマハ 発電機 インバーター EF2800ISE

 

 

ふうっ。

 

北海道は苫東厚真火力発電所が復活するまでは節電生活が続きます。

 

それでは!!