みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

どこでもいいから飛行機でどこか遠くへ行きたい

f:id:sapic:20200524215153j:plain

今週のお題「遠くへ行きたい」

 

外出自粛生活が始まってからもうすぐ丸3ヶ月になります。

 

まだ雪景色だった札幌はもう桜の季節も過ぎて一番いい季節になりました。

 

家の近所と週に1度の決まったお店への買い出しくらいしか出かけられない毎日にも慣れたはずなのですが、たまに衝動的に旅行へ行きたくなって仕方がない時があります。

 

飛行機でどこかに行きたい

 

本当は今年のゴールデンウイークはエアドゥで東京へ向かっているはずでした。

 

blog.sapico.net

 

1月下旬に予約していたエアドゥのチケットもキャンセルすることになり、次は一体いつになったら飛行機を使っての旅行ができるようになるかは不透明な状態に。

 

ああ、どこでもいいから新千歳空港から飛行機で空を飛んで旅行に行きたい、そんな気持ちです。

 

今は札幌からも出られない状態

 

全国的にも札幌がワースト1と言われるほどの新型コロナウイルスの感染率。

 

北海道内でも札幌市民はまるでバイ菌保持者のような扱いをされています。

 

それはしょうがないんですよ。

 

札幌から北海道内の他の地域へ感染を広げないためには、札幌市民は自分がすでに感染しているつもりで行動することが重要なことだとわかっています。

 

札幌ナンバーの車に張り紙をされたりとかそういうことが実際に起こっている以上、札幌市民は自分たちのためにも他の地域の方のためにも、皆札幌市内から出ないことが一番なんです。

 

でもちょっと切ないですけどね。

 

緊急事態宣言が解除されても

 

緊急事態宣言が25日で解除されることが濃厚となりました。

 

blog.sapico.net

 

緊急事態宣言が解除されてもしばらくの間その状況は続く可能性が高いと思います。

 

今日もまた大きな病院でクラスターが発生した可能性のある札幌では今後もしばらくは患者数が増加する可能性がありますし、自粛生活自体は大きく変えられないでしょう。

 

まずは車で行けるところに自由に行けるようになるのが一体いつになるのか、こんな状況なので飛行機でどこかへなんていつになったら行けるようになるのか予想もできないのが辛いです。

 

コロナウイルスをゼロにすることはできないから共存していかなければならないということはわかっていても、この共存っていうのが本当に難しいですね。

 

空の旅はいつになったらできるのか

 

まず札幌から自由に出かけられるようになったとしても、都道府県をまたいだ移動が普通にできるようになるのは一体いつになるのでしょう。

 

あの美味しいものがいっぱいの新千歳空港にたくさんの人が戻ってくる日がきたら、きっと自由に空の旅を楽しむことができるようになるのでしょうけれども、今は本当に予想もできません。

 

ソーシャルディスタンス、と言ってもあの飛行機の機内で席と席に一定の距離を確保することは難しいですからね。

 

でもいつかきっと、またエアドゥにベアドゥのぬいぐるみを連れて行って空の旅を楽しめる日を楽しみにしようと思います。

 

blog.sapico.net

 

いつか、きっと、絶対に!

 

おわりに

 

自粛生活が日常になりつつありますが、この状況を少しづつ以前の日常生活に近づけていくまでの過程が本当に難しいです。

 

緊急事態宣言が解除されたからと言ってこれまで通りの生活がすぐに戻ってくるとは到底思えませんが、上手にコロナとの共存をしていくためにスモールステップを続けて行くしかありません。

 

まずはこれまで行けなかったホームセンターに日用品を買いに行ったり、週に2回か3回はスーパーやドラッグストアへ買い物に行ったりすることから始めようと思っていますが、早く家族で外食にも行きたいなとかいろいろやりたいことはたくさん出てくるものですね。

 

今は札幌の感染者数が発表になる時間になるとその数が気になってしまうので、これからは感染者数の発表がない日が増えてくれますように。

 

それでは!!