みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

大戸屋とコロワイド、運命の株主総会は6月25日に行われます

f:id:sapic:20200623151206j:plain

 

本当ならさぴかぶで書くべきお話かもしれないのですが、あちらは絶賛放置中ですのでこちらに書いちゃいます。

 

株に興味のない方にとってはつまらない内容かもしれませんがご了承ください。

 

さて、今週の木曜日は株主総会をする企業も多い日かと思いますが、さぴこの好きな株式会社大戸屋ホールディングスもこの日に株主総会が行われます。

 

大戸屋の株主優待券で真だらと野菜の黒酢あん定食を食べました - みんなたのしくすごせたら

 

今年の株主総会は大戸屋にとっては運命の分かれ道になる可能性があるという大切な株主総会になりそうです。

 

大戸屋はコロワイドのM&A打診を拒否

 

f:id:sapic:20200623151200j:plain

 

さぴこは大戸屋の株主なのですが、今年の3月、コロワイドから大戸屋ホールディングス株主の皆様へという封書が届きました。

 

f:id:sapic:20200623151318j:plain

 

こちらが送られてきた封書の中身です。

 

アンケートと一緒に送られてきた内容にちょっと違和感を覚えたのはさぴこだけではないでしょう。

 

私どもコロワイドグループは「焼肉 牛角」、「しゃぶしゃぶ 温野菜」、「かっぱ寿司」、「居酒屋 甘太郎」、「フレッシュネスバーガー」など…(以下略)

 

さぴこにとってはコロワイドといえば記載されているこの中では「居酒屋 甘太郎」でしょ、という感覚しかありません。

 

確かにかっぱ寿司も牛角や温野菜のレインズも今はコロワイド傘下ではありますけどね。

 

ちなみに「焼肉 牛角」、「しゃぶしゃぶ 温野菜」ではコロワイドの株主優待は使用できません。

 

アンケートの内容としては大戸屋がコロワイドグループ入りすることに賛同するかどうかというものでしたが、グループ入りしたら株主優待をコロワイド水準までUPするよという内容が書かれていました。

 

さぴこはスマホから賛同しないを選択して回答しています。

 

北海道民からみたコロワイド

 

5年ちょっと前にステーキ宮を復活させたコロワイド系列のアトム北海道。

 

その昔はコロワイド北海道という名前の会社でしたがその時にもステーキ宮がありました。

 

そういえばアリオ札幌にもファイターズグルメという日本ハムファイターズとコラボした店舗も展開していたことも。

 

北海道民には馴染み深いいろはにほへとも今はコロワイドです。

 

ただ北海道民にとってコロワイドの店舗はあっという間になくなってしまう印象が非常に強い!

 

ステーキ宮も札幌市内で唯一残っていた南郷店が来月閉店で、復活後6年持たずに札幌市内から全店消えてしまいますし、オープンしたばかりのやきとりセンターはわずか1年半で閉店。

 

今回アトム北海道はアトム本体から切り外されて、今度は同じコロワイドグループのレインズに譲渡されています。

 

北海道はコロワイドから切り捨てられた、そういう印象です。

 

ステーキ宮、好きだったのだけどな。

 

『宮のたれ』はまるで魔法の調味料!自宅で作るポークソテーがお店の味になりました - みんなたのしくすごせたら

 

ステーキ宮が5店舗限定で提供中のスプーンで食べるサラダバーは超オススメ!ランチタイムは380円でデザートつきでした - みんなたのしくすごせたら

 

というわけで今回のアンケートでなぜグループ入りを賛同しない方を選んだかお分かりいただけるかと思います。

 

大戸屋まで北海道から消えてしまったら困りますから。

 

その後もコロワイドから封書と電話が

 

f:id:sapic:20200623151259j:plain

 

5月にはこんな封書がきていました。

 

その後にはアンケート協力のお礼ということで3000円分のお食事券が送られてきています。

 

f:id:sapic:20200623151309j:plain

 

賛同しないという回答でもお食事券をいただいてちょっと申し訳ないです。

 

そしてまた6月にはこんな封書も。

 

f:id:sapic:20200623151251j:plain

 

この封書と同時にコロワイドから電話も来ていましたが、アンケートでも賛同しないという回答をした通り、委任状は大戸屋ホールディングスに送付した旨を伝えましたよ。

 

なんでもこのアンケートでは9割がコロワイドグループ入りを賛同していたそうです。

 

大戸屋からも封書とはがきと電話

 

f:id:sapic:20200623151216j:plain

 

大戸屋からもこんなお便りが届きました。

 

そしてその少し前にお弁当券が到着しています。

 

blog.sapico.net

 

ああ、今思えばこのお弁当券はコロワイドのアンケート謝礼に対抗するものだったのかもしれません。

 

f:id:sapic:20200623151222j:plain

 

そしてこちらも株主優待制度の拡充についての記載が。

 

もちろん拡充は嬉しいのですが、その前に大戸屋本体の土台をしっかり固めていただきたいというのがファン株主の願いではないかなとも。

 

f:id:sapic:20200623151230j:plain

 

この文章を見てももうコロワイドと全面戦争ですね。

 

この封書が届いてすぐ、夜に大戸屋からも電話がありましたが、大戸屋を応援していますという言葉とともに第3号議案は否に丸をつけた委任状を大戸屋へ送付するとお知らせしました。

 

その後こんなお葉書も。

 

f:id:sapic:20200623151241j:plain

 

大戸屋のメニューで好きなものはたくさんあるのであの味をなくして欲しくない、それが一ファン株主の願いです。

 

どちらに転んでも茨の道

 

創業者が突然お亡くなりになってから創業者の息子さんと大戸屋との間で勃発したお家騒動以来、大戸屋の売り上げはどんどん下がっています。

 

今回コロワイドからの株主提案が否決されたとして、コロワイドが手持ちの株を全て手放すことになると株価の下落は避けられないでしょうし、さぴこの予想としてはこのままコロワイドが簡単に手を引くとも思えません。

 

敵対的買収が行われることになれば株価は一時的に上昇することになるでしょうが、その先はかなり不透明です。

 

何より大戸屋はお家騒動によるイメージダウンをずっと払拭できません。

 

でも大戸屋が好き

 

さぴこは大戸屋が大好きなんです。

 

一応まだコロワイドのホルダーでもあるのでコロワイドが嫌いなわけではないですが、コロワイドの味とは違う大戸屋の味を大切にして欲しい。

 

今はすっかりきれいな店舗ばかりになってしまった大戸屋ですが、昔のあの雰囲気のお店でも大戸屋だったらそれでいいのですよ。

 

コロワイドグループに入るということは大戸屋の味が変わる可能性が高いということを考えると、やっぱり大戸屋を応援してしまいます。

 

おわりに

 

ただ大戸屋もこれまでと同じ方法では売り上げを改善することができないでしょうから、コロワイドの風を入れた方がいいという方ももちろんたくさんいらっしゃることでしょう。

 

でももしそれで大戸屋の味が失われてしまうのなら大戸屋がなくなってしまったのと同じこと。

 

もしかしたらコロワイドグループになっても大戸屋の味はそのままかもしれないという可能性ももちろんありますが、これまでの北海道でのコロワイドグループの店舗の状況を考えるとどうしても心配になってしまうさぴこなのでした。

 

それでは!!