みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

業務スーパーのハスの実は手軽に食べられて本当におやつにピッタリでした

f:id:sapic:20210609200626j:plain

 

最近はテレビなどで扱われる機会が激増している業務スーパー。

 

さぴこも相変わらず定期的に買い物に行っています。

 

最近はあまり新しいものに挑戦することも少なくなり、挑戦しても…だったりであまりブログでご紹介する機会が激減していました。

 

今日は気になる一品がありましたのでご紹介しちゃいます。

 

味付ハスの実

 

f:id:sapic:20210609200635j:plain

 

ハスの実ってご存知でしょうか?

 

ハス?という方もこの花を見るとすぐおわかりのことと思います。

 

ハス(Sacred Lotus、ピンク)の種(10粒)

 

このハスの花が咲いた後の実、それがハスの実です。

 

ハスの実って薬膳料理とかのイメージがありますが、昔タイに行った時にローストしたハスの実(その時はハスの種だと思っていました)が普通に売られていて、気になったけど結局買わなかった記憶があります。

 

帰国後にハスの実の効能を知って、あの時食べてみればよかったなと思ったのですがその後ハスの実と出会うことはありませんでした。

 

それがまさかの再会をした場所が業務スーパーだったとは!!

 

ただしタイで見たハスの実はローストされていたものでしたがこちらはシロップ漬け。

 

f:id:sapic:20210609200642j:plain

 

カリッと食感のものかとおもったらまさかの半生食感!

 

こちらは1袋80円台で販売されています。

 

実はこのハスの実を購入してから1ヶ月くらい経過しているのですが、なかなか封を切れずにいました。

 

カリッとしているならスナック感覚でいただけるような気がしたのですが、シロップ漬けだったとは…。

 

ですが、いい意味で期待を裏切られました。

 

ホクホクした栗のような味

 

f:id:sapic:20210609200650j:plain

 

こちらが恐る恐る開封した業務スーパーのハスの実。

 

写真だとぶどうの粒のように見えなくもないですね。

 

ハスの実の大きさは一般的なぶどうの粒より一回りくらいは小さいです。

 

f:id:sapic:20210609200723j:plain

 

ちなみに1袋50グラムあたりのエネルギー量は98キロカロリー。

 

f:id:sapic:20210609200658j:plain

 

ハスの実の皮が剥いてあって、中央の苦いといわれる部分は取り除かれています。

 

f:id:sapic:20210609200707j:plain

 

最初はおそるおそる口の中にいれたハスの実。

 

ん?

 

全くクセのない味!

 

甘みはほのかでホクホクとした食感!

 

クセのない甘栗のような、豆を煮てホクホクさせたようなそんな感じの素朴な味でした。

 

ハスの実は漢方や薬膳料理にも使われるくらい身体によい成分が含まれているものですが、普通にお菓子として美味しいです。

 

ちなみにハスの実はカリウムが多く含まれていて利尿効果があったり婦人病にもいいとされています。

 

業務スーパーのハスの実は中国産ですが、日本で作られたものも販売されていました。

 

 

ハスの実って結構メジャーな食べ物だったのですね。

 

開封後はすぐに食べちゃいましょう

 

f:id:sapic:20210609200715j:plain

 

この業務スーパーのハスの実ですが、開封後の注意が赤い文字で書かれていました。

 

開封後は保存がききませんので、当日中に召し上がりください

 

なるほど…。

 

まあ50グラムですし、全部食べても98キロカロリーですから、味を知っている今なら全く問題ないのですけど、味見の前はちょっと不安になっていました。

 

素朴な味でパクパク食べていればきっといつの間にかなくなっていることでしょう。

 

おわりに

 

ハスの実はご飯と一緒に炊くと栗ご飯のようになるそうです。

 

乾燥させたものが販売されていますが、なかなかのお値段。

 

 

 

容量の少ないものを購入して試してみようかなと思います。

 

乾燥させただけのハスの実も業務スーパーで販売してくれないかな。

 

それでは!!