みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

女性専用健診クリニックでの生活習慣病健診とバリウム検査の話

最新 健康診断と検査がすべてわかる本

 

今日は朝から健康診断へ行ってきました。

 

健診に行ったのはJRタワーオフィスプラザさっぽろ内にあるMPSレディース健診クリニックさんです。

 

女性専用フロアのMPSレディース健診クリニック

 

以前は同じクリニックであるメディカルプラザ札幌健診クリニックで健診を受けていたのですが、いつのまにか女性専用フロアができていました。

 

女性専用健診フロアであるMPSレディース健診クリニックはお医者様以外の職員の方々は全員女性なのです。

 

しかも周りにいらっしゃる一緒に健診を受けられる方々も全員女性なのがうれしい!

 

今回はマンモグラフィーも受けてきたのですが、最新の機器のためか職員の方の手際がよいからか、以前受けた際よりもかなり早く終わりました。

 

次回もMPSレディース健診クリニックで健診を受けたいと思いましたよ。

 

 

 

バリウム検査と下剤

 

いつも健診の際に少々憂鬱になるのがバリウム検査。

 

あのまるでラムネ菓子のような顆粒状のつぶつぶを口にいれたかと思うと一見シェイクのようなあの白いどろっとした液体をゴクゴクと飲まなければならない、例のヤツです。

 

以前、このバリウム検査でピロリ菌の可能性を指摘され、ピロリ菌除菌をしたのでした。

 

まあピロリ菌の時は胃カメラも結局やったわけですけれども。

 

最近の胃カメラはかなり細くなってはいるので、バリウム検査と胃カメラどっちが楽かなと考えたこともありますが、飲んだ後のことを考えなければ圧倒的にバリウム検査ですよね。

 

問題はバリウムを飲んだ後。

 

通常下剤2錠を手渡されるわけですが、これ、いつも悩むのです。

 

かなり以前は念のため追加でさらに2錠の下剤をもらって帰ってきたこともあるのですが、今は下剤を飲んでからその効果が出る時間の早さで困ることもあるくらいになってしまいました。

 

検査も終わったから帰りにちょっと本屋さんでものぞいていこうかな、なんて思っても無理なんです。

 

最近は2時間くらいでその効き目がでてきてしまって、トイレの住人になることも。

 

いくらなんでも2時間は早すぎるだろうと思うのですけれども、今日もやっぱり2時間後にはお腹がゴロゴロいいはじめましたから。

 

その後数回トイレに通いましたけど、もう大丈夫かな。

 

バリウムが腸の中で固まっちゃうのだけは勘弁して欲しいですからね。

 

久しぶりの健康診断

 

逆流性食道炎で通院している病院で血液検査はしたものの、ちゃんとした健康診断は3年ぶりでした。

 

昨年と一昨年は通院していたということもあり、健康診断のことをすっかり忘れていたのです。

 

今回は生活習慣病健診でしたけど、そろそろ人間ドッグで全身をちゃんと検査してもらったほうがいいのかなとも思っていますが、会社員の頃は会社負担で受けられた人間ドッグも今は自費で受けなければならず、なかなかのお値段なのでちょっと躊躇しちゃいます。

 

今日さぴこが行ったこちらのクリニックでは一般的な人間ドッグは4万円、さらに詳しく調べる人間ドッグは5万8千円なので…。

 

50歳になったら人間ドッグでお願いしようかな。

 

おわりに

 

年を取るとともに少しづつ身体が変化しているということは日々ひしひしと感じているので、今大丈夫だから来年も大丈夫とはいいきれないということはわかっています。

 

でも最近月日が早く通り過ぎていくので、1年があっという間に終わってしまっている感覚と身体の感覚がおいついていないのですよね。

 

次はあまり間を空けずに健診を受けるようにしたいと思います。

 

うっ。

 

まだなんだかお腹がゴロゴロいっている…。

 

そ、それでは!!