みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

札幌でもラベンダーが楽しめる!札幌市中央区にある幌見峠は今が見頃です

f:id:sapic:20200724213227j:plain

 

北海道でラベンダーといえば有名なのは富良野ですね。

 

さぴこもラベンダーシーズンには車で富良野まで行っていましたが、一番いいシーズンになると車はいつも大渋滞ということもあってここ数年は行っていませんでした。

 

先日、元の会社の同僚からラベンダーの写真が送られてきたのですが、なんと札幌市中央区だというではないですか!

 

というわけで早速家族でラベンダーを見にいくことにしました。

 

藻岩山風致地区にある幌見峠

 

f:id:sapic:20200724213056j:plain

 

自宅から車でそう遠くない場所にある藻岩山風致地区。

 

スキー場でおなじみの盤渓地区へ抜ける道にある幌見峠にラベンダー園があります。

 

f:id:sapic:20200724213103j:plain

 

午前中の早いうちは渋滞もほとんどなかったのですが、お昼近くなると峠の下にある病院くらいまで大渋滞に。

 

ラベンダーの見頃の時期の週末はいつもこんな感じだそうです。

 

この道で渋滞だと多分ちょっとキツイかなというほど細く曲がりくねった道なので、心配な方は開園直後くらいに行かれることをおすすめします。

 

札幌の風景とラベンダーの共演

 

f:id:sapic:20200724211823j:plain

 

うわぁ、っと思わず声がでてしまいました。

 

満開のラベンダーの絨毯が広がるその奥には円山が、そしてさらにその奥には札幌市街が見えるのです。

 

しかも街が比較的近くに!

 

富良野のラベンダーもとてもきれいですが、こんな街並みとのコントラストは見られませんからね。

 

コンパクトにまとまったラベンダー畑

 

f:id:sapic:20200724213128j:plain

 

ラベンダー園はいくつかの区画にわかれていますが、ラベンダー同士の株の感覚は狭くて密集しているのでコンパクトにまとまっています。

 

f:id:sapic:20200724213240j:plain

 

富良野のラベンダー園などはラベンダーとラベンダーの間に通路が作ってあるところがほとんどですが、こちらは通路は一方通行で数本あるだけ。

 

なのでラベンダーの密集度合いはなかなかです。

 

札幌の風景

 

f:id:sapic:20200724213835j:plain

 

ラベンダーと一緒に見慣れた建物が見えるという、なんとも不思議な一枚。

 

f:id:sapic:20200724213841j:plain

 

札幌プリンスホテルやテレビ塔、JRタワーも肉眼でよく見えます。

 

f:id:sapic:20200724213912j:plain

 

札幌の景色とラベンダーを楽しめるなんて1度で2度美味しいスポットですよ。

 

f:id:sapic:20200724213923j:plain

 

北海道を代表する樹木である白樺とラベンダー、そして札幌の街並み。

 

なんだか札幌の街並みだけ合成した写真のようですけれども、ここではこんな風景が楽しめます。

 

おわりに

 

f:id:sapic:20200724213246j:plain

 

駐車場の台数に限りがあるためそれほど密になるような状況にはならないので、こんな時でも心配なく楽しむことができました。

 

例年はラベンダーの刈り取り体験ができたり売店があったりするそうですが、今年はコロナのために残念ながらラベンダーの見学のみ。

 

バリアフリーとはいえない施設ですので高齢者の方には少々厳しいところもあるかもしれませんが、車の中から見える景色だけでも十分楽しめるのではないかと思います。

 

入場料もなく駐車料金のみかかりますが、日中は1台500円、夜景の時間帯は1台800円です。

 

夜景もきっときれいだろうなぁ。

 

ラベンダー園の開園時間は午前9時から午後5時まで、今シーズンいつまで開園するかはまだ発表されていませんでしたので、これから行かれる方は公式サイトで確認してくださいね。

 

幌見峠のラベンダー園

 

それでは!!