みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

本日発売のGo To Eat 北海道 お食事券を購入しました

f:id:sapic:20201110173040j:plain

 

Go To キャンペーンには縁がないまま終わってしまうのかなと思ったのですが、本日発売のGo To Eat 北海道 お食事券を購入できました。

 

今、感染者数が激増中の北海道。

 

なんというタイミングでの発売なんだろうと思ってしまいましたけど、たまたま行く用事があった銀行で係の人が4人もいて誰も並んでいないGo To Eat 北海道 お食事券購入窓口を見て、1冊購入してみることにしました。

 

その後、ぽつりぽつりと人がきましたが私が購入したときは本当に誰もいなくて、おみせ応援商品券とは大違い。

 

blog.sapico.net

 

それでも銀行を出る時には2人ほど購入していたのを見かけましたけどね。

 

Go To Eat 北海道 お食事券

 

f:id:sapic:20201110173048j:plain

 

Go To Eat 北海道 お食事券を購入する際、用紙に名前と電話番号を記入したあと、その用紙を渡して1人1冊購入購入できるようになっていました。

 

1人1冊とはなっていますが何度でも購入できるようになっていますので実質制限はないのと同じですね。

 

1枚1000円の券が1冊10枚綴りのGo To Eat 北海道 お食事券が1冊8000円で購入できますので2000円お得、というわけです。

 

有効期限は来年の3月末

 

f:id:sapic:20201110173055j:plain

 

有効期限は来年の3月31日までと丸4ヶ月以上あります。

 

家族で使うとあっという間になくなるのだから有効期限が4ヶ月以上もあるならもう1冊購入しておいてもよかったかもしれないと思いましたけど、今の状況を考えるとなかなか購入しにくい状況なんですよね。

 

まあ来年3月末までなら2万円分を使い切れないということはないでしょうけど。

 

でも患者急増中の今は年末年始の状況も不透明で…。

 

テイクアウトでも利用可

 

f:id:sapic:20201110173104j:plain

 

ちなみに店内飲食をメインとしない店舗(テイクアウト専門店)では利用ができないのですが、店内飲食もテイクアウトもOKのお店の場合は大丈夫なので対象店舗ではテイクアウトでの利用も可能とのこと。

 

実は購入当時は発売日だったことも知らず、対象店舗などを全く調べていなかったのでどこで使えるかわからなかったのです。

 

購入後に使える店舗を確認したらテイクアウトでよく利用するようなところも多く、しかも利用できる店舗もかなりたくさんありました。

 

ああ、これなら本気でもう1冊くらい購入しておいてもよかったかも…。

 

おわりに

 

感染拡大時期は店内での飲食はできるだけ避けたいのですが、換気や消毒などの感染予防対策がきちんとされていてある程度の広さを確保している店舗での飲食ならきっと感染の可能性は低いのでしょう。

 

それでも普通に買い物に行くよりリスクが高まるのは今までの感染事例を見るとわかります。

 

10月頃に外食に行こうとしてもそれまでに閉店してしまった店舗が多かったということもあるのか、生き残ったお気に入りのお店などはどこも激混み状態でなかなか行けずにいました。

 

でもきっと今はきっとまたお客さんの足が遠のいているのではないかと思います。

 

せっかくお客さんが戻り始めたところにまたこんな状況になってしまい、お気に入りのお店がまた閉店してしまうのではないかと心配していますが、テイクアウトのないお店にはなかなか行けない状況でこちらとしてもつらいんですよね。

 

北海道民の本音としてはGo Toから北海道を除外してもらうと随分違うような気がするのですが、そうなると今度は観光や宿泊業の方々が大変なことになってしまうし、となかなかうまくいきません。

 

コロナとの共存、バランスが難しいですね。

 

相手は未知のウイルスで、その対応の正解はまだだれもわかりませんから。

 

ただワクチンについては希望を感じさせるニュースもありましたので、1日も早く実用化されることを祈るばかりです。

 

早く気軽に外食ができる日常が戻ってきますように。

 

それでは!!