みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

どんぐりの新商品のどんぐりバウムは素朴で美味しいバームクーヘンです

 

バームクーヘン好きってなぜかたまにとっても食べたくなります。

 

すきなのですよねぇ。

 

このブログでもこれまでいろいろバームクーヘンが登場しているのですよ。

 

blog.sapico.net

blog.sapico.net

blog.sapico.net

 

株主優待のバームクーヘン欲しさに株を保有しているほど。

 

blog.sapico.net

 

アイ・ケイ・ケイさんの株主優待には必ずと行っていいほどバームクーヘンが入っているのですよ。

 

旦那名義でも追加したので2つお菓子が送られて来ます。

 

今年はどんなお菓子かな?

 

と、ちょっと話が脱線してしまったので、今日の記事の「どんぐり」のバームクーヘンに話を戻します。

 

どんぐりのパンはどれも美味しい

 

 

札幌市民にはおなじみのパン屋さんである「どんぐり」。

 

以前このブログでもどんぐりのちくわパンをご紹介しています。

 

blog.sapico.net

 

今ではどんぐり以外のお店でもちくわパンを見かけるようになりましたが、やっぱりちくわパンといえばどんぐりでしょう!

 

 

あの絶妙な組み合わせ、食べたくなっちゃうのですよねぇ。

 

でも美味しいのはちくわパンだけじゃなくて、どのパンも本当に美味しいのです。

 

しかもお値段がどれもお手頃価格なのがとっても嬉しい!

 

最近はどこもパンが値上がりしていて、高価格帯の食パンなんかも増えてきましたけど、どんぐりのパンはどれもお財布に優しくて優しい味にホッとする、素敵なパンなのです。

 

 

 

新商品『どんぐりバウム』?

 

 

そんなどんぐりで見つけたのがこの『どんぐりバウム』。

 

ハチミツとタマゴとバターを贅沢に使って洋酒とバニラビーンズで香りよくしっとり仕上げました

 

おお、これは絶対買わなきゃ!ということでゲットしました。

 

 

こちらが1つ250円(税抜)のバームクーヘン『どんぐりバウム』です。

 

大きさは大き過ぎず小さ過ぎず、一人でたくさんたべても、二人で分けてたべてもいい感じ。

 

 

賞味期限は4月4日となっていますので、おおよそ5日間は日持ちがします。

 

購入したのは桑園のお店でしたけど、製造場所は森林公園のようですね。

 

どんぐりバウム、実食

 

 

早速袋からどんぐりバウムを取り出してみました。

 

 

外側はアイシングされていますね。

 

 

このバームクーヘンの層をみてください!

 

美しい層ができていますよー。

 

 

こちらが断面です。

 

しっとりふわっとした感じが写真でも伝わりますでしょうか。

 

早速食べてみました。

 

・・・。

 

あ、優しい味!

 

洋酒としてラム酒が使われているとのことですが、本当にふんわり感じるかな?くらいでタマゴとバターのハチミツのとっても優しい味なのです。

 

大人向けの味じゃなくて小さい子から年配の方まで安心して食べられる感じ。

 

バターの感じもあるのですが、脂を感じるほどはどっしりしていないので、ふんわり軽い感じのところがお気に入り!

 

普段着のバームクーヘンというか、大きなマグカップにカフェオレをいれて一緒にいただきたいというイメージですね。

 

おわりに

 

札幌には美味しいパン屋さんがたくさんありますが、どんぐりのパンはなんというか「おかえり」、とか「ただいま」という声が聞こえて来そうなイメージです。

 

夜に行ってもいつも焼きたてのパンがあって、なんだかほっこりできるパン屋さん。

 

他にもおすすめのものがいっぱいあるので、またご紹介したいと思います。

 

それでは!!