みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

30年前に東京ディズニーランドで購入したドナルドのぬいぐるみを自宅で洗ってみました

 

先日東京ディズニーリゾートに行った際、子供がドナルドのぬいぐるみが欲しいと言い出しました。

 

そういえば家にドナルドのぬいぐるみがあったはずだからそれをあげるよと子供に言ったものの、よくよく考えてみるとそのドナルドのぬいぐるみってさぴこが修学旅行で東京ディズニーランドに行った時に購入してきたものだったのです。

 

しかももう20年近く姿を見ていないけど処分はしていないのでどこかにあるはずと思って探していたら、クローゼットの奥の奥から発掘されました。

 

 

 

薄汚れてしまったドナルドを洗ってみる

 

本来であれば洗う前の姿の写真も載せるべきなのでしょうけれど、かなり真っ黒い感じになっていてちょっとブログに載せるには抵抗があるほどでしたので、写真はお洗濯後のみ掲載しています。

 

洗い方は犬を飼っている方なら同じような感じでぬいぐるみも洗うことができますよ。

 

まず洗う前に子供が写真撮影の際にいただいて余っているブラシで毛をとかし、ほこり汚れなどを落とします。

 

今回は洗面台のボウルで洗いましたが、大きいぬいぐるみなら浴室でもいいかもしれません。

 

洗剤は特別なものではなく、1度ですすぎが完了する泡切れのよいものということで普段から使用している洗濯洗剤の「ハイジア」を使用しました。

 

茶色の点のようなシミもいくつかありましたので、そこには使い古しの歯ブラシにハイジアの原液を取り、直接汚れの上に洗剤をのせて歯ブラシでこすることに。

 

シミの部分はちょっとだけつけおきしたほうがよいかもしれません。

 

その後ぬるま湯で薄めたハイジアをぬいぐるみの上に手で馴染ませ、その後ざる洗いなどに使用しているブラシで洗いました。

 

オーエ マイパスティ3 まな板洗い

 

こんなタイプのブラシです。

 

力任せではなく表面をこするような感じで、洗剤液と表面の毛をなじませていきます。

 

ある程度表面に洗剤がついたら洗面台のシャワーをぬるま湯にして上から洗剤を流しつつボウルには栓をしておいてためすすぎにもしてみました。

 

2、3回それを繰り返せばとりあえず洗いは終了。

 

その後バスタオルにぬいぐるみを包んでから洗濯ネットに入れ、脱水機に2分ほどかけたらクリーニング終了です。

 

仕上げに干す前にブラシで毛をとかしておくとふわっふわになりました。

 

完成形がこちらです。

 

 

洋服についたシミは残ってしまったところもあるのですが、ぬいぐるみ本体の汚れやシミはほぼ落ちました。

 

さぴこが17歳の頃に友達と一緒にお土産を選んでいる時に一目惚れして連れて帰ってきたドナルドが蘇ってくれるとは!

 

30年前は若かったなぁ。

 

そうそう、さぴこの高校の頃の修学旅行はまだ飛行機じゃなかったのです。

 

列車移動の際もこのドナルドを抱えて北海道まで連れて帰ってきたのが昨日のことのよう。

 

ぬいぐるみメーカーのサンアンドスターは廃業

 

 

当時ディズニーキャラクターのぬいぐるみを製造していたのはサン アンド スターという会社です。

 

このドナルドのぬいぐるみもサンアンドスターのものですが、この会社2016年10月に廃業されていてすでにないということを先ほど知りました。

 

ぬいぐるみ製造販売会社としては大手だったと思うのですけれども、なんだか残念です。

 

レトロミッキーとミニーのぬいぐるみも発掘

 

 

こちらは購入年月日が不明なのですが、どう見てもレトロっぽい雰囲気を醸し出しているミッキーマウスとミニーマウスのぬいぐるみ。

 

こちらも東京ディズニーランドで購入したものですが、今回、ドナルドと一緒に発掘されました。

 

ぬいぐるみ部分はそれほど汚れていなかったのですが、洋服部分はシミになったりしていたのでドナルド同様丸洗いしてみましたが、やはり洋服のシミは落ちにくいです。

 

お洋服はいつか新しいものを作ってあげてもいいかも。

 

大切なぬいぐるみの場合は自宅で洗うよりも専用のぬいぐるみクリーニングを利用した方がよいかもしれませんが、いまのところ我が家のぬいぐるみたちはこの方法で洗っても生地にダメージはないようです。

 

ただし、本格的なテディベアなど中が綿ではなくて木毛が使われている場合などは水につけてしまうとクタクタになってしまうので上記の方法は使えませんのでご注意ください。

 

おわりに

 

汚れたぬいぐるみを見るとこれは処分したほうがよいかもと思うこともありますが、ちょっと洗ってあげると意外ときれいになってくれます。

 

ぬいぐるみを自宅で洗う際のポイントをまとめてみました。

 

  1. 洗う前にブラシでホコリ汚れなどを取っておく
  2. シミのついている場所は洗剤の原液をつける(ぬいぐるみの色によっては色落ちの可能性もあるので注意)
  3. 普通の洗濯洗剤でもすすぎ1回OKのタイプを選ぶとすすぎが楽
  4. 洗剤を薄めたぬるま湯を用意し、ぬいぐるみの表面だけを洗う感じでブラシ等を使って毛を洗う
  5. ぬるま湯シャワーで表面をよくすすぎ、洗濯機で脱水する前にバスタオルで包んでから洗濯ネットに入れ2分程度脱水する

 

意外と簡単ですので、ぬいぐるみが汚れてしまったらお試しくださいね!

 

それでは!!