みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

型ぬきして食べるバウムクーヘン。パンダバウムを食べました

f:id:sapic:20220305194253j:plain

 

先日ダンナがお土産としてお菓子を持って帰ってきました。

 

それがこちら。

 

f:id:sapic:20220305194405j:plain

 

パンダバウムでした。

 

型ぬきして食べるバウムクーヘン?

 

f:id:sapic:20220305194535j:plain

 

お店でこの張り紙を見てどんなお菓子なのかと思わず購入したのだそう。

 

型ぬきといえばお祭りでお馴染みのこれですよね。

 

型抜き(かたぬき) 易しい&難しいタイプ 計100枚入 型見本・削り棒付き

 

バウムクーヘンで型ぬき?

 

というわけでさっそく箱から出してみることにしました。

 

可愛いパンダ登場

 

f:id:sapic:20220305194605j:plain

 

箱の中から出てきたのはうっすらパンダが見える四角い物体が入った袋。

 

f:id:sapic:20220305194722j:plain

 

袋から出てきたのはこれ。

 

かわいいパンダは描かれていますが、ちゃんとバウムクーヘンでした。

 

f:id:sapic:20220305194728j:plain

 

横から見るとバウムクーヘンにしか見えません。

 

バウムクーヘンを型ぬきしてみる

 

f:id:sapic:20220305194740j:plain

 

型ぬきして食べるバウムクーヘンということなので、早速型ぬきしてみることにしました。

 

f:id:sapic:20220305194745j:plain

 

パンダ登場!

 

子供も型ぬきが完了したようです。

 

ちなみに子供のバウムクーヘンのお味はプレーンで、さぴこが食べたのは塩キャラメル味。

 

f:id:sapic:20220305194751j:plain

 

違い、わかりますか?

 

そう、さぴこの食べたほうのバウムクーヘンには小さいパンダが描かれています。

 

子パンダも抜けました

 

f:id:sapic:20220305194756j:plain

 

箱の側面にかかれていたのはこちら。

 

子パンダも抜けます

 

だそう。

 

f:id:sapic:20220305194802j:plain

 

裏側からちょっと押し出してみたらこんな感じに。

 

調子にのってたくさん押し出してみました。

 

f:id:sapic:20220305194810j:plain

 

…、な、なにかが出ている。

 

謎の罪悪感を感じるのは気のせいでしょうか。

 

おわりに

 

f:id:sapic:20220305194817j:plain

 

大きなパンダのほうを美味しくいただいて、残ったのはこの子パンダ。

 

な、なんだかごめんなさいね。

 

奥においたパッケージのパンダの視線が痛い…。

 

ということで楽しみながらいただきました。

 

今回食べたパンダバウムはカタヌキヤさんというお店のものです。

 

【公式】カタヌキヤ - かわいくて楽しい型ぬきバウムの専門店

 

銀座に本店があって東京スカイツリータウンのソラマチにもお店があるようですが、JR札幌駅の四季彩館で販売されていたようですよ。

 

札幌在住のかたで気になるかたはお早めに!

 

それでは!!