みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

メルカリとセカンドストリートと一般ゴミを使い分けて不用品を処分中です

忙しい人のための さくさく売れるメルカリ術(読者DL特典あり)

 

以前から少しづつは家の不用品を処分していましたが、札幌市民は不要不急の外出自粛をといわれてからはさらに捨てまくりの日々です。

 

主に来年中学生になる子供のものが多いのですけど、不要なものはこの際全てすっきりさせようと思っています。

 

最初はメルカリも面倒でほとんどが捨てたり、捨てるにはちょっともったいないかなというものはセカンドストリートへ持って行ったりもしました。

 

今は外出もせずほぼ1日中家にいるので、ゲームソフトや本など出品や発送が簡単にできるものはメルカリで出品することにしたのです。

 

大きいものは送料の方が高くつくものが多い

 

今回はあくまでも不用品の処分なので、価値のあるものはほとんどありません。

 

なので大きなもので捨てるにはちょっともったいないなというものでも送料が高額になるとちょっと面倒だなと思い、そういうものはセカンドストリートに持ち込むことにしています。

 

これはセカンドストリートにもちょっと持ち込めないなというものは一般ゴミで捨てています。

 

本当は買ってくれる人がいそうなものは全部メルカリに出してみるといいのかもしれませんが、そうなるといったいいつになったら不用品の処分が完了するのかわからないので、少しでも効率よく進めたいと思います。

 

鍋や食器類の処分に困る

 

そこで困るのが食器類の処分です。

 

食器類は重かったり、われものの場合は梱包をしっかりしていても破損があるんじゃないかと思ってメルカリには出品していません。

 

セカンドストリートに持ち込みできればいいのですが、セカンドストリートは食器類の場合は未使用品のみしか引き取ってくれないのですよね。

 

あとル・クルーゼの鍋も。

 

今はフィスラーの鍋しかほぼ出番がなく、ル・クルーゼのお鍋はいくつか持ってるのですがほぼ戸棚の中にしまいっぱなしなんです。

 

そんなル・クルーゼの中でも中のホーロー部分がグレー色になってきているものなんかは、まだ使えるのに捨てるのはもったいないし、と処分に困ってしまいます。

 

そういえば皿やカップ等でもちょっと普段使いじゃない食器類もどうしようか困っています。

 

いろいろセットになった食器があるのにもかかわらず、使い続けているのはケンタッキーなどのファストフードのお店のノベルティでいただいた食器ばっかりだったりするのですよね。

 

小洒落た食器はもう使う機会もないかなと思うのですが、未使用品ではないためセカンドストリートにも持ち込みができないからとずっと放置状態だったので、今回は燃えないゴミで出すことも考えようかなと思っています。

 

大量のぬいぐるみもどうしよう

 

我が家には大量のぬいぐるみもあるのです。

 

ほとんどが棚に飾っていたりしているもので、子供がお気に入りのいくつかはいつも一緒に寝ているのでお洗濯をしていてクタッとしていますけど、それ以外は新品同様。

 

でも今は感染症が蔓延していることもあって、どこかに寄付と考えても時期が悪すぎます。

 

じゃあメルカリでと思っても、ぬいぐるみって結構大きくて送料も高いのですよね。

 

第一弾としていくつかはセカンドストリートに持って行きましたがご存知の通り二束三文。

 

それでも捨てるよりはいいかと一度はセカンドストリート行きの箱に入れるのですが、かわいいぬいぐるみを見ていると結局子供が取り出してしまっていたりするのでなかなか処分が進みません。

 

そろそろどうにかしたいのですけどね。

 

おわりに

 

もうすでに結構処分したような気がするのですが、部屋の中を見回してもほとんど変化がないんですよね。

 

いったいこの家の中にはどれだけ不用品が溜まっているのでしょう。

 

一番量があって処分が厄介なのはやっぱり子供のものですね。

 

シルバニアファミリーのお家やお人形も小さい頃から誕生日やクリスマスにプレゼントでもらっていたものがかなり大量にあって、これもこれからどうしようという感じです。

 

そして大量に持っているはずのシルバニアファミリーなのに、まだこれが欲しいそうです。

 

シルバニアファミリー 赤ちゃんセレブレーションマーチングバンド

シルバニアファミリー 赤ちゃんセレブレーションマーチングバンド

  • 発売日: 2020/09/12
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

確かにかわいいんですけどね。

 

これ以上増えたらどうしよう…。

 

とりあえず少しづつ部屋をスッキリさせたいと何度目かの本気で考えているさぴこでした。

 

それでは!!