みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

チープカシオ腕時計MQ-24の電池交換は超簡単!しかも費用は108円!

f:id:sapic:20200713200800j:plain

 

先日行ったドラックストアーで対応してくれた可愛いお姉さんがしていた腕時計がこれ、チープカシオでした。

 

このMQ−24はチープカシオの代表的なモデルともいえます。

 

もともとメンズ用ですが、男女問わず愛用者が多いみたいですね。

 

CASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watch

CASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watch

 

そういえばさぴこも昔ウォーキング用にと購入したけれどずっと引き出しの中に入ったままだったことを思い出し、取り出して見てみると見事に電池が切れていました。

 

この時計、デザインがシンプルで素敵だなと思っていたのですが、既に普段使いの時計があったので、なかなか出番がないままだったのです。

 

 

 

ほとんど使わないままCASIOの腕時計は電池切れ

 

いつ買ったのかな?とAmazonの購入履歴を見てみると2014年の3月。

 

2年半ですもの、それは電池も切れちゃいますね。

 

しかも購入時の価格は891円でした。

 

今でも900円台で購入できるようですね。

 

当時のAmazonは送料も無料でしたので、なんというコストパフォーマンスの高い時計なのでしょう。

 

でも電池交換を時計店などにお願いすると、安いところでも500円くらいかかります。

 

この時計、ほとんど使用していないので外見は新品同様。

 

このまま処分するのもなんだかもったいないし。

 

かといって800円台で購入した時計に500円かけるのもなぁ、と悩んでしまいます。

 

とりあえず裏蓋を見てみると、100均で購入した精密ドライバーセットに入っている小さいマイナスドライバーで開けられそうだったので、試しに開けてみることにしました。

 

思った以上に簡単にフタがあき、しかも構造もとてもシンプル。

 

そして中に入っている電池の型番がSR626であることを確認し、まず100円ショップへGO!

 

電池コーナーのボタン電池のところに、きちんと「時計用」と書かれて、同じ型番の電池が販売されていました。

 

これで用意完了!

 

自分で電池交換をしてみることにしました。

 

※これからご案内する時計の電池交換については自己責任でお願いします

 

チープカシオMQ-24、電池交換開始

 

ではさぴこでも簡単にできた電池交換、順をおって説明してみます。

 

といっても本当に簡単なので、ほぼ説明いらずでできちゃうと思いますが。

 

f:id:sapic:20200713200823j:plain

 

用意するもの

 

  1. 電池の切れたチープカシオMQ-24本体
  2. 小さめのマイナスの精密ドライバー
  3. 酸化銀ボタン電池SR626

 

2と3に関しては100円ショップで売っています。

 

メガネの調整用のマイナスドライバー等でもいけそう。

 

とりあえず電池は新品を用意してくださいね。

 

f:id:sapic:20200713200826j:plain

 

まずこの銀色のフタを外します。

 

ベルト側の近くに少し隙間があるので、そこにマイナスの精密ドライバーを差し込み、すこし回転させるようにすると簡単にフタが開きます。

 

あまり力はいらないので、壊れるということもないと思いますが、もし万一開きにくかったら少し場所を変えてみるといいかもしれません。

 

でも思った以上に簡単に開くのでびっくりするかも。

 

 

 

フタを開けてみた

 

f:id:sapic:20200713200804j:plain

 

こんな感じでフタがとれました。

 

中もとてもシンプルです。

 

外側に黒いパッキンがはめ込まれていますが、さわらなければ取れてくることもありません。

 

もし何かの拍子で取れてしまったらなくさないように、元通りにしてください。

 

f:id:sapic:20200713200809j:plain

 

もともと使われている電池はソニーのものでした。

 

多分これだと思います。

 

SONY 時計用 酸化銀電池 SR626SW(No.377) 電池×5個入り

 

とりあえず同じ型番のものであれば動くので、さぴこはcan☆doで購入!

 

お値段はもちろん108円でした。

 

f:id:sapic:20200713200812j:plain

 

まとめて購入した方が安いんでしょうけど1つしかいらないので、100円ショップに単品で売っているのは本当に便利!

 

上の写真の電池が入っている部分の向かって右側に電池の抑えをしている場所がありますので、そこをちょっとだけ開いてあげるとすぐに電池を取り出せます。

 

f:id:sapic:20200713200816j:plain

 

電池がはずれた状態です。

 

 

 

電池を入れてみた

 

では新しい電池をはめ込みます。

 

f:id:sapic:20200713200820j:plain

 

まず向かって左側に差し込むように入れ、右側の抑えを少し開いてあげると電池のセットが終了します。

 

写真撮影をしながらでも所要時間は約2分。

 

特別な工具も必要なし!

 

掛かった料金は電池代108円だけで済みました。

 

今回電池交換したこのチープカシオ、子供が欲しがっていたのでそのまま子供に渡すことになりましたが、やっぱり自分でも欲しくなってきてしまうほどのシンプルさがいいですね。

 

普段使いの時計を傷つけたくないな、とか、そういう時用には最適かもしれません。

 

最近はスマホで時間を見るから時計なんて、という人でもこの価格なら1つあっても重宝すると思いますよ!

 

おばさんがしても、子供がしても、可愛いお姉さんがしても、シーンを選ばず使えるチープカシオ。

 

こんなに簡単に電池交換ができるなんて、本当にビックリしました。

 

SONY 時計用 酸化銀電池 SR626SW(No.377) 電池×5個入り

SONY 時計用 酸化銀電池 SR626SW(No.377) 電池×5個入り

 
CASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watch

CASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watch

 

 

チプカシいろいろ

 

チープカシオもいろいろありますが、先日デジタル表示の時計も欲しいという子供にこの腕時計を買いました。

 

[カシオ] 腕時計 スタンダード LA-670WA-1JF シルバー

[カシオ] 腕時計 スタンダード LA-670WA-1JF シルバー

  • 発売日: 2010/07/01
  • メディア: 時計
 

 

こちらの電池交換は試したことがないのですが、自分でできそうなら試してみたいと思います。

 

おわりに

 

今はスマホがあれば腕時計は不要かなとも思いますが、試験などの時にはスマホは電源を切らなければなりませんから使用できませんよね。

 

高価な時計は必要ないけど時計が必要だという時にはチープカシオは最適だと思います。

 

カシオのスタンダードシリーズ、これからも要チェックですよ!

 

それでは!!