みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

電子レンジとラップでできる簡単ポップコーンをビーフカレー味にする方法

 

我が家ではポップコーンブームがまだまだ続いているのですが、これまで試したフレーバーでひとあじ足りないなと思っていたのがカレー味でした。

 

カレー粉と塩をブレンドしたものを出来上がったポップコーンに混ぜていたのですが、カレー粉が馴染まないのとカレー粉の味ばかりになってしまい、よくあるお菓子のカレーフレーバーのようにはならなかったのです。

 

そこでいろいろ試してみた結果、家で市販のカレー風味のスナック菓子のようなポップコーンができましたので、今日は作り方をご紹介したいと思います。

 

フライパンでポップコーンを作るのが怖い、という方のために電子レンジで簡単にポップコーンを作る方法も一緒にご案内しますよ!

 

電子レンジとサランラップで作る簡単ポップコーン

 

ポップコーンの種があればフライパンで簡単に作ることができるポップコーンですが、フライパンにぴったりの蓋がなかったり、弾けるときに大きな音がするのでフライパンで作るのが怖いという方もいらっしゃいますよね。

 

今日はそんなあなたのために、電子レンジで簡単にノンオイルのポップコーンを作る方法をご紹介します。

 

まず用意するのは耐熱のボウルか陶器のどんぶりのような深い容器とポップコーンの種とラップを用意します。

 

ポップコーンの種はクローバーのものがおすすめ!

 

blog.sapico.net

 ラップは我が家では旭化成のサランラップを利用していますよ。

 

 

ラップは薄いものもあるので、できれば二重にしてふんわりと容器に被せます。

 

 

ラップの上から爪楊枝などの細くて先の尖ったもので数カ所穴を開けます。

 

穴の数が足りないとラップが破けてしまいますから、穴を開ける時にラップを破かないように注意してできるだけたくさんあけましょう。

 

 

そのままレンジに入れて、我が家の電子レンジでは600Wで2分30秒から3分ほど加熱するだけでこんな感じでポップコーンが出来上がります。

 

ノンオイルで食べたい方はこのままでもOK!

 

ラップをかけたままにしておくと水蒸気がたまって湿気ってしまいますから、加熱が終わりポップコーンの種が完全に弾けたらラップはすぐにとりましょう。

 

ビーフカレー味のポップコーンの作り方

 

 

電子レンジで作ったノンオイルで全く味付けをしていないポップコーンを使用して、市販のカレー味のスナックのようなポップコーンを作ります。

 

まず使用するのはこちら。

 

 

昨日ご紹介した業務スーパーの牛肉だしの素です。

 

blog.sapico.net

牛肉だしの素はないけれどダシダはある、というかたはダシダでももちろん大丈夫ですよ。

 

そしてカレー粉です。

 

 

材料はこれだけです。

 

フライパンに適量のサラダ油と牛肉だしの素を入れ、加熱します。

 

 

その中にカレー粉も適量投入し、箸で簡単に混ぜておきます。

 

 

フライパンの中の材料がある程度混ざったらその上からレンジで作ったポップコーンを投入!

 

 

フライパンの中の牛肉だしの素とカレー粉とサラダ油がポップコーンにからめるように箸で混ぜます。

 

 

箸で混ぜて全体にカレー粉の色がついたら完成。

 

 

これだけでどこかで食べたカレー味の駄菓子のような味のポップコーンが完成!

 

塩味のポップコーンも美味しいですけど、ちょっとした一手間で全く違う味のポップコーンを味わうことができますよ!

 

ぜひおためしあれ。

 

おわりに

 

ダイエット中のおやつとしてノンオイルのポップコーンがたくさん食べたいという方は、特別なポップコーンメーカーがなくてもこの方法でたくさんのポップコーンを電子レンジで作ることができます。

 

ポップコーンの種の量や使用する電子レンジによっては加熱時間が異なると思いますので、まずは少なめの量で少なめの時間で加熱してみましょう。

 

洗い物がでるのも嫌、という方は以前お知らせした封筒で作る方法もおすすめしますけど、封筒だとできる量がかなり少ないので、たくさん食べたいときは今回ご紹介した方法をおすすめします。

 

とっても簡単なので、ダイソーでクローバーのポップコーンの種を見かけたらぜひ試してみてくださいね!

 

それでは!!