みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

『はるか』はまるで春を感じさせる爽やかな甘さのみかんです

 

こんにちは!みかん星人のさぴこです。

 

さて、これまでいろいろとみかんをこのブログでご紹介してきましたけど、今回もとっても美味しいみかんに出会ってしまったので、ぜひぜひご紹介させてください。

 

ちなみにこれまでこのブログでは真穴みかん、紅まどんな、甘平をご紹介してきました。

 

 

blog.sapico.net

blog.sapico.net

blog.sapico.net

blog.sapico.net

 

どれも素晴らしく美味しいみかんなのですが、それぞれのみかんの旬は短く、旬を過ぎてしまうと食べられなくなってしまいます。

 

特に夏になると柑橘系のみかんは旬のものがなくなってしまうので、今のうちにたくさん食べておきたいところ!

 

さて、すっかり前置きが長くなってしまいましたけど今日これからご紹介する『はるか』という名前のみかんは写真ではなかなかその味が伝わらないみかんナンバーワンかもしれません。

 

『はるか』とは?

 

 

こちらの写真はコープさっぽろのトドックのカタログで広島産となっていますが、生まれは発祥の地は福岡県なのだそうです。

 

もともとは「日向夏」で自然交配によってできたという奇跡のみかん!

 

今では愛媛、広島、長崎で多く作られているようですが、比較的新しいみかんなのでみかけるようになったのは最近です。

 

まるでレモンのような『はるか』

 

 

さて、甘いみかんといって連想する色はみなさんおそらくオレンジ色ですよね。

 

でもこの『はるか』はイエローというよりレモンイエローに近い色合いをしています。

 

しかも皮は厚くてかたいので、どこをどう見ても酸っぱいとしか思えないのです。

 

皮の厚みはそれぞれの個体によって違いがありますが、ちょっと手でむけそうな感じではないのでナイフで切ってみます。

 

 

これまでご紹介した美味しいみかんの特徴はどれも皮が薄かったのですけど、この『はるか』はこんな感じで白い部分も多いし厚みも結構あります。

 

しかもタネもいっぱい入ってますし。

 

しかも皮の中もオレンジではなくてまるでレモンのようなレモンイエローです。

 

みるからに酸っぱそうで、写真を見ると唾液が・・・。

 

 

 

食べやすいようにカットしてみた

 

 

半分のままでは食べにくいのでカットしてみました。

 

こうするとよりレモンっぽいのがおわかりいただけるでしょうかね。

 

多分薄く丸いまま輪切りにするとレモンと間違えてしまうと思いますよ。

 

ああ、味がわかっているのにまた唾液がこみ上げてきそう。

 

え?甘い!酸味ゼロ!!

 

というわけで早速実食です!

 

・・・

 

これは!

 

まったく酸味がない!!!!!

 

そしてなんという爽やかな甘さ!!!!!

 

あっさりした甘さというか上品な甘さというか、これはくせになる甘さです。

 

あのレモンイエローで皮が厚くてかたいみためからは全く想像ができない味!!

 

だって、こんなふうに切ったら、もう絞ってかけるようのレモンにしか見えないじゃないですか。

 

 

それがなんとも上品な甘さでとっても美味しいみかんなのですよ。

 

これは見た目で騙されちゃいけないヤツです。

 

『はるか』はお手頃価格がうれしい

 

これまでご紹介してきたみかんはその美味しさの分価格もちょっと高めでしたが、この『はるか』はお手頃価格なのが嬉しいです。

 

アマゾンではかなりお手頃価格で販売されていました。

 

 

お試しなら1.5キログラムで送料込の価格が980円!

 

そしてこちらは6キロでなんと1780円でした。

 

ご自宅用に 熊本県産 訳ありはるか6kg

ご自宅用に 熊本県産 訳ありはるか6kg

 

 

これは安い、と思って先ほど注文したところです。

 

届くのが楽しみ!!

 

おわりに

 

多分この『はるか』というみかんはスーパー等で並んでいてもなかなか購入しようと思えないかもしれません。

 

一度食べて味がわかれば何度でも食べたくなるみかんなのですが、どこをどうやってみても酸っぱそうにしか見えないのです。

 

でも本当に酸味がなくて、さっぱりとした甘さはまるで春を感じさせるようにさわやかな感じで、今しか食べられないぞ!というお味。

 

もしご近所のお店でこの黄色いレモンのような『はるか』が並んでいたらぜひお試しいただきたい一品です。

 

それでは!!