みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

スシローの赤シャリは期間限定!赤シャリ×天然もののお寿司を食べてきました

 

これまでこのブログ「みんなたのしくすごせたら」ではなんども登場しているさぴこが愛する「スシロー」ですが、最近はお寿司が出てくる機会が少なく、デザートだったりまぜそばやラーメンだったりしていました。

 

が、今日はお寿司です!

 

スシローがこだわった期間限定で提供している赤シャリのお寿司を食べに、昨日スシローへ行ってきました。

 

赤酢を使った「赤シャリ」

 

 

通常お寿司で使うお酢といえば米酢ですけど、今回登場した赤酢はとても手間をかけて造られるお酢なのです。

 

通常米酢は米から作られますが赤酢は日本酒を作る際に出る酒粕が使われています。

 

しかも熟成は長期間!

 

だから高級なお酢なのですね。

 

酒粕赤酢 潤朱

酒粕赤酢 潤朱

 

 

アマゾンでも赤酢を発見しましたがたしかになかなかのお値段。

 

この赤酢、うれしいことにアミノ酸が豊富で体にもよいそうですよ。

 

赤シャリ×天然

 

 

この赤シャリにあうネタ、ということで天然もののネタのお寿司も数量限定で登場していました。

 

 

こちらが天然本鮪赤身。

 

シャリがちょっと色づいているのがおわかりいただけるでしょうか。

 

赤酢って米酢の酢飯よりもちょっと酸味を感じましたけど、これがマグロにあうんです。

 

多分赤酢は生のお魚に合いそう!

 

なるほど、だから赤シャリ×天然、なのですね。

 

 

こちらは国産天然ひらめ昆布〆です。

 

昆布〆でもっちりした食感のひらめが赤シャリととっても合いますよ。

 

美味しかった!!

 

 

真鯵や真いわしとも合いそうな赤シャリ。

 

 

こちらの国産天然びん長鮪も赤シャリとよく合います。

 

昆布と赤シャリは相性がとてもいいのかもしれません。

 

 

 

たこぼっち?

 

 

こちらはタコの頭の「たこぼっち」。

 

北海道ではタコの頭を「たこぼっち」というと書いてありましたが、札幌では普通にタコの頭と呼んでいますけど、道北の方では「たこぼっち」というのですね。

 

こちらも赤シャリととっても合いました。

 

 

たら天ぷらにぎりも食べたのですが、こちらも美味しかったです。

 

でも揚げ物は普通の米酢の方がもしかしたら合うかもしれません。

 

赤酢と米酢のシャリの食べ比べができるメニューがあれば面白かったかも。

 

やっぱりデザート

 

 

デザートは冷やしぜんざいパフェ。

 

たい焼きの形をした最中に抹茶アイスとクリームを乗せていただきました。

 

 

そして大学芋まで食べちゃいましたよ。

 

おわりに

 

スシローのキッズスタンプカードが新しくなったので子供が積極的にスシローに行こうと言うようになりました。

 

それにしてもスシローはいつ行っても新しい発見があるところが本当にすごい!

 

次はなにがくるのかと思うととても楽しみです。

 

スシローネタがこのブログにいったいいくつあるのか調べてみたのですが、この記事がなんと20記事目でした。

 

ブログに書いている日の方が少ないはずなのに。

 

スシロー、ちょっと行き過ぎですね・・・。

 

それでは!!