みんなたのしくすごせたら

さぴこの徒然草紙というか雑記帳

JAびらとりの『びらとり和牛のカレー』が美味しくてびっくりした話

 

先日、知人からお土産に『びらとり和牛のカレー』というレトルトカレーをいただきました。

 

正直、これまでもレトルトのカレーで美味しいと言われるものをいただいたことがありますが本当に美味しいと思ったことがないので、今回もほとんど期待せずにいたのですが、先に食べたダンナが

 

「あれヤバいわ。かなりウマイ」

 

というので今日のお昼ご飯にいただくことにしました。

 

希望小売価格はなんと648円(税込)!

 

 

びらとり農業協同組合(JAびらとり)で販売しているこの『びらとり和牛のカレー』を調べるためにJAびらとりのサイトをみてみることにしました。

 

びらとり農業協同組合

 

お知らせのところを見てびっくり!

 

希望小売価格はなんと648円(税込)ですって!!!

 

お店のランチ価格並か、ワンコインランチのお店と比べるとプラス148円という驚きの価格でした。

 

スーパーで売っている普通のレトルトカレーと比べるとかなり割高に感じますが、2016年にリニューアルされてこの価格で、以前は1袋800円だったようです。

 

たしかにお土産物店で販売されている北海道のレトルトカレーって結構高いんですよね。

 

 

 そう考えるとこの『びらとり和牛のカレー』はお安い方なのかも。

 

札幌に帰ってきたのね

 

 

しかも販売はJAびらとりですが、製造者は札幌市の南華園さんです。

 

札幌で作られて平取で販売されていたカレーがお土産として札幌に戻ってきたのね・・・。

 

カロリーですが274キロカロリーということでご飯の分のカロリーが含まれていないので少なめに見えますけど、通常のレトルトカレーは200キロカロリーちょっとくらいらしいのでほんの少し標準よりは高めのようです。

 

 

 

箱から取り出してみた

 

 

こちらが箱から出てきた『びらとり和牛のカレー』です。

 

なにも書かれていないので箱から出しちゃうとなにがなんだかわかりません。

 

とりあえず今回は湯煎じゃなくて器に出してからラップをかけて電子レンジで温めることにしました。

 

この時はダンナの言ってたことがまだあまり信用できずに半信半疑だったのです。

 

北海道平取産黒毛和牛登場!

 

 

こちらが温め終わった『びらとり和牛のカレー』です。

 

おお!

 

これが北海道平取産の黒毛和牛のかたまり。

 

カレーの容量から見ると和牛はちょっと少なめかもしれません。

 

でもこの価格で、煮込むと小さくなる和牛をいれるとこのくらいの量が限界でしょうね。

 

では実食!

 

レトルトとは思えない美味さ

 

中辛と書いてありますが辛さはまったくありません。

 

まるでフルーツのような甘みを感じるカレーです。

 

これは確かに648円という価格でも納得できるかも。

 

牛肉も口の中でちょっと噛んだだけでホロホロと崩れてきそうなくらいで、これがまた美味しいのです。

 

レトルトカレーでこんなに美味しいカレーがあるなんて・・・。

 

びっくりの美味しさです。

 

 スーパーで買えるレトルトカレーとはかなり違いますね。

 

おわりに

 

こちらの『びらとり和牛のカレー』ですが、アマゾンや楽天では同じものの取り扱いはありませんでした。

 

下記リンクのAコープネット直売店では購入できるようです。

 

びらとり農業協同組合

 

ちなみに中辛と辛口がそれぞれ3食づつで税込3500円!それに送料が加算されます。

 

そのほか平取町のふるさと納税でもいただけるようですので、気になる方はいかがですか?

 

www.furusato-tax.jp

 

とりあえずまだいただいたカレーがあるのですが、平取町内のAコープでも販売されているようなので、なくなったらドライブがてら平取町まで買いにいこうかしら。

 

機会があればぜひお試しくださいませ!

 

それでは!!